二次元と三次元、異性のどちらにときめくかを計測する業の深いセンサーをロームが公開、大人気に:CEATEC2015

写真拡大

10月7日(水)〜10日(土)まで幕張メッセで開催中のCEATEC2015より。

LSIや半導体を取扱うロームのブースでは、同社が得意とする光学式脈波センサーを用いて"ときめき度"を測定する趣旨のコーナー『ときめきセンサ』を設けています。

ときめきセンサでは、来場者が二次元と三次元の異性に元気の出る言葉で励まされたとき、どちらにときめくのかを視覚的に計測し、ときめいた方の次元の異性と記念写真を撮れます。

元々はロームのFacebookにて『恋に落ちる瞬間を検知するセンサを開発した』というエイプリルフールネタとしてウソ発表された企画。今回はロームと同じく京都に拠点を置く企画開発会社テクマクとのコラボによって形になりました。

【ギャラリー】CEATEC2015:ローム 二次元と三次元のどちらにときめくかセンサー (16枚)


光学式脈波センサーが計測する"脈波"とは、心臓が血液を送り出す時に血管の容積が変化すること。血管の容積変化によって光の吸収量が変わるので、センサーはこの変化を捉えて、身体の状態変化を検知します。想定している主な応用分野はメディカルとヘルスケアで、自律神経活動や血中酸素飽和度を捉えるウェアラブルセンサーなどへの活用に向けた研究開発が進められています。

ときめきセンサは、異性に好意的なアプローチをかけられた際に生じた血管の容積変化量を捉えて、ときめき度を判定する仕組みです。本体に指を置いて、血管状態の変化を計測します。

センサー前面と裏面をつまむように触れます

コーナーには正面向かって左側に二次元の異性が表示される画面、右側に三次元の異性が表れるブースが設置され、順番に励ましの声をかけてくれます。計測が終わると、よりときめいた方の異性が再度表れ、にこやかに記念撮影に移行します。

要するに衆人環視の中、性癖的なものが露見してしまうわけですが、ときめきセンサのコーナーは大人気で、コーナーの前には行列ができており、列の整理のため時間を区切って整理券が配られていました。

男性向けと女性向けのバージョンがあり、男性向けは二人の手でハートを作るのに対して、女性向けでは男性に"壁ドン"された状態で撮影されます。ブースの様子をしばらく見たところ、男女問わず、来場者は三次元の方がときめきやすいようでした。

なお並んでいるのはほとんど男性です。

ロームブースの各種センサー展示コーナー

小型軽量・省電力マイコンボード『Lazurite Fly』による"空飛ぶ折り鶴"

ユカイ工学とのコラボ企画『カラクリ音楽隊』。棒状のコントローラーでロボットに演奏を指示します