今年9月、ミネソタ・ティンバーウルブズのアンドリュー・ウィギンスは、これまでのバスケ人生で最悪な敗戦を経験した――。

 昨年3月、カンザス大時代にNCAAトーナメントで下位シードのスタンフォード大に敗れた時よりも、NBA1年目、ミネソタ・ティンバーウルブズで82試合中66試合に負けたどの試合よりも悔しく、「最悪な負け試合」と断言したのは、カナダ代表として出場したFIBAアメリカ大陸選手権・準決勝の対ベネズエラ戦だ。

 この大会でカナダは、1次ラウンド初戦のアルゼンチン戦こそ落としたものの、その後、毎試合17点以上の大差で7連勝し、準決勝に駒を進めた。準決勝に勝てば来年のリオデジャネイロ五輪の出場権を獲得できる、大事な一戦だった。しかも相手は、1次ラウンドで20点差をつけて勝ったベネズエラ。しかし、結果は78対79で敗退。平均年齢が24歳にも届かない若いチームで、エースは20歳のウィギンス。経験不足もあって、大事な試合を落としてしまった。

 翌日、3位決定戦には勝利したものの、時すでに遅し。この大会でオリンピック出場権を得ることができず、来年の世界最終予選に最後の望みをかけることになった。

 大会後、ウィギンスは言った。

「この(3位決定戦の)勝利でも埋め合わせることはできない。こういう試合をするのが1日遅かった。つらくて、悔しい。チームのみんなが悔しい思いをしている。でも、僕らにはもう一度チャンスがある。そのための準備をしなくてはいけない」

 少しはにかんだような笑顔が印象的なウィギンスは、一見、おとなしい優等生に見える。もっとも、そんな彼もコート上でスイッチが入ると、アグレッシブなプレーヤーに変身する。

 1年前、ウィギンスがNBAに入った時、「はたして彼には上を目指すだけのハングリーさがあるのか?」という疑問の声が挙がった。元NBA選手の父を持ち、体格、運動能力、そしてスキルと、スーパースターになるだけの素質はすべて持っていた。それでも大学時代のウィギンスは、常に力を出し切っているようには見えなかったのだ。

「ウィギンスにはスイッチが必要だ」と感じたチームは、昨シーズンを通してウィギンスにさまざまなチャレンジを与えた。

 昨シーズン開幕前、NBA公式サイトの記事中に、ティンバーウルブズの関係者の興味深いコメントがあった。

「彼が(相手に)やり返すためには、彼のなかで何かが引き金となる必要があるようだ。彼が最初からそれを出せるように心がけている」

 たしかに、ウィギンスはチャレンジを前にすると、別の選手のようだった。たとえば、彼をドラフト1位指名しながらトレードに出したクリーブランド・キャバリアーズとの2度の対戦では、明らかにスイッチが入っていた。12月23日の試合では27得点、1月31日の試合では33得点(シーズン自身最多得点)を挙げている。

 ウィギンスに対戦相手のエースをマークさせることで、ディフェンスからスイッチが入るようにも仕向けた。ティンバーウルブズのヘッドコーチ、フリップ・サンダースは昨シーズン中にこんなことを言っている。

「コービー(・ブライアント)やジェームス・ハーデンをマークさせたが、ディフェンス面ではすべて対応できていた。チャレンジを恐れることはなく、向かっていくんだ」

 最初からリーグの頂点を肌で感じさせることによって、どういったメンタリティで戦う必要があるのかを意識させたわけだ。

 リーグのトッププレーヤーたちとの対戦といえば、こんなエピソードもあった。

 昨年11月、ウィギンスと初対戦したドウェイン・ウェイド(マイアミ・ヒート)は、試合後、ウィギンスに近づくと彼にこう聞いた。

「グレートになりたいか?」

 ウィギンスが「なりたい」と答えると、ウェイドは、「君はグレートになるだけの道具はすべて持っている。あとは努力し続けることだ」とアドバイスしたという。

 昨年12月にはコービー・ブライアント(ロサンゼルス・レイカーズ)とも対戦。試合後、コービーはウィギンスについて、「(NBAデビューした)19年前の自分を見ているようだった」と語っている。

 そういったベテラン選手たちの言葉のひとつひとつが、ウィギンスを勇気づけ、気持ちを奮い立たせた。

「そういった言葉を聞くと、それだけで刺激を受け、モチベーションになる。さらに努力しなくてはいけないという気持ちになる。ゲームのアプローチを変えなくてはいけないと思う」

 昨シーズンを通して何度もこういったスイッチを経験したウィギンスは、シーズンが終わるころにはメンタル面でも、スキル面でも一段と成長し、圧倒的な得票でリーグの新人王に選ばれた。

 夏を越え、成長して自信をつけ、悔しさも経験したウィギンスは、気のせいか1年前より精悍な顔つきになったように見える。間もなく開幕する今シーズンに向けての心構えを聞かれると、きっぱりと言った。

「今シーズンはすべての面で向上しなくてはいけない。ディフェンス、オフェンス、そして試合に向かうに当たっての考え方。すべてを次のレベルに引き上げる必要がある」

 来年、カナダ代表をリオデジャネイロ五輪に導くためにも、そして将来、卓越した「グレート」な存在になるためにも......。

宮地陽子●文 text by Miyaji Yoko