<HONMA TOURWORLD CUP AT TROPHIA GOLF 2日目◇9日◇石岡ゴルフ倶楽部(7,071ヤード・パー71)>
 国内男子ツアー『HONMA TOURWORLD CUP AT TROPHIA GOLF』の2日目。午前スタートの全選手がホールアウトした時点で、本間契約プロの一人、ハン・ジュンゴン(韓国)が1イーグル・7バーディ・2ボギーの“64”でラウンド、トータル8アンダーに伸ばし単独首位に躍り出た。
国内男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 1打差のトータル7アンダー2位には永野竜太郎。続くトータル6アンダー3位にはイ・キョンフン(韓国)。トータル5アンダー4位タイには池田勇太、深堀圭一郎、竹谷佳孝、稲森佑貴、近藤共弘の6人が並んだ。さらに本間契約プロのリャン・ウェンチョン(中国)と高山忠洋、星野英正、S・H・ペク(韓国)がトータル4アンダーで9位タイとしている。
 ホストプロの一人、岩田寛は午前にスタートし、2バーディ・1ボギー・1ダブルボギーの“72”でラウンド。トータル1オーバーに落とし48位タイに後退した。また、本間の看板プロ、谷原秀人と小田孔明が苦しい状況となっている。共に第2ラウンドを終え、谷原はトータル2オーバー64位タイ、小田はトータル3オーバーの73位タイとなっている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>