衆議院議員 加藤 勝信HPより

写真拡大

 7日に発足した第三次安倍改造内閣。19人中9人が初入閣となったが、そのなかでも「目玉人事」として話題を集めたのが、「1億総活躍社会」担当相・拉致問題担当相に抜擢された加藤勝信氏である。

 加藤氏は大蔵省(現・財務省)出身、第二次安倍内閣では内閣官房副長官を務め、安倍首相のスピーチライターのひとりではないかとも目される人物。メディアは加藤氏を「政策通」などと称えている。

 だが、大臣抜擢の真相は「政策通」などという話ではないようだ。安倍首相お得意のおトモダチ人事を超えた、"閨閥人事"といっていいだろう。

 そもそも勝信氏は、国土庁長官や農林水産大臣を歴任した自民党の大物議員・加藤六月氏(故人)の娘婿。六月氏は安倍首相の父・晋太郎氏の側近中の側近と呼ばれ、そのため安倍家と加藤家は家族ぐるみの付き合いを行ってきた。たとえば、六月氏の長女で「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産登録の陰の立役者とも言われる加藤康子氏は安倍首相とは幼馴染みの関係。既報の通り、安倍首相は康子氏に「これ(世界遺産登録)は、俺がやらせてあげる」と明言していたほどだ。

 しかも、安倍家と加藤家の繋がりを語る上で忘れてはいけないのは、六月氏の妻・睦子夫人と安倍首相の母・洋子氏との関係だ。ふたりは「姉妹のよう」とも言われるほどの仲で、洋子氏の加藤家および加藤家を継ぐ勝信氏への思い入れは強い。マザコンと呼ばれる安倍首相にとって洋子氏は頭の上がらない存在だが、第二次安倍内閣における勝信氏の官房副長官抜擢には洋子氏の強い推薦があったことが報道された。

 今回の大臣抜擢も、当然、洋子氏の意向が働いていると見て間違いないだろう。

 一方の勝信氏も婿入りしたのは、こうした政治的後ろ盾を得ることが目的だったはずだ。"娘は官僚と結婚させたい"という六月氏に見初められた勝信氏だが、当初は姉の康子氏とお見合い、婚約していた。だが、康子氏から留学を理由に婚約破棄されると、なんと勝信氏はそのまま、妹・睦子氏と結婚したのである。このなりふりかまわぬ野心家ぶりは、霞が関でも語り草になっているほどだ。

 そして、加藤氏は実際に強いバックを得て、政治家になり、今回、とうとう大臣にまでなった。

 権力を"閨閥"で固め、"華麗なる一族"ごっこで内閣がつくられてしまう様を見ていると吐き気をもよおすが、しかし、この加藤勝信氏の大臣抜擢においてもっと恐ろしいのは、加藤氏自身の"政治的姿勢"だ。

 安倍チルドレンの加藤氏は、ご多分に洩れず、完璧なネトウヨ脳の持ち主。「創生」日本の事務局長を務め、「神道政治連盟」「日本会議国会議員懇談会」にも所属するというネトウヨ議員の役満を誇り、従軍慰安婦を「どこの国にもあった」とNHK・籾井勝人会長が発言した際も、「公共放送として、良い番組を国民に提供する期待をしっかり担っていただけると考えている」と擁護している。

 さらに加藤氏は、メディア圧力発言が飛び出した例の「文化芸術懇話会」を発足させた張本人。つい最近、役職停止が1年から3カ月へと勝手に短縮された木原稔議員や、今回、官房副長官に選ばれた萩生田光一議員(昨年末の参院選でテレビ局への圧力文書を送りつけた人物でもある)とともに呼びかけ人となり、〈芸術家との意見交換を通じ「心を打つ『政策芸術』を立案し、実行する知恵と力を習得すること」〉を目的に掲げて会を立ち上げた。

 政策芸術とはまさにナチスにおけるヒトラーの発想そのままだが、ゲストに招いた百田尚樹氏が「沖縄の新聞を潰す」発言をした際も、加藤氏は「意見は傾聴に値する」などとコメント。到底まともな了見をもっているとは思えない。

 しかも、加藤氏がやっかいなのは、このネトウヨ思想に、元大蔵官僚らしい"小狡さ""計算高さ"が乗っかっている点だ。

 加藤氏は、他の頭の悪い安倍チルドレンのようなヘイトまがいの発言や露骨な戦前復古的主張はしない。むしろ、安倍首相の好戦思想、歴史修正主義的主張を代弁しつつ、国民から危険視されないよう、欧米諸国の反発を得ないよう、どうごまかすかを常に考えているように見える。

 その一例が、憲法改正についての自民党プロジェクトチームの会合での、加藤氏のこんな発言だろう。

「個人・家族・コミュニティ・国という階層のなかで、日本人は国も捉えているのではないか。したがって、急に国に奉仕しろといわれても飛びすぎて、まず家族・コミュニティに奉仕をする延長線上のなかに国に対する奉仕も位置づけたほうがなじみやすいのではないか」(2004年、自民党憲法調査会憲法改正プロジェクトチームの第9回会合での発言)

 つまり"国民を国家に奉仕させるために、まず「家族」を使ってごまかせ"と言っているのだ。

 しかも、こうした加藤氏の狡猾なやり口は安倍首相、安倍政権の戦略に確実に反映されている。

 安倍首相はこの間、談話やスピーチで、国外と国内向けにまったくちがう言葉を使ったり、前言を180度ひるがえしたり、さらにはどうとでもとれるような表現を駆使することで、国民をごまかし、国際社会からの批判をそらしながら、歴史修正主義と戦争のできる国づくりを進めてきた

 こうした安倍首相のトークのかなりの部分は実際に、加藤氏が関わって、草稿を書いているといわれているのだ。

 そして、加藤氏が10年前に主張した「まず『家族』を使え!」というアイデアは、明らかに自民党・安倍政権の戦略となり、「愛する家族を守るために安保法制と改憲を」という言葉がしきりに叫ばれてきた。

 そして、次は目玉の「1億総活躍社会」担当相だ。安倍首相が掲げ、加藤氏に課せられた目標、「GDP600兆円」「希望出生率1.8%」「介護離職ゼロ」という「新3本の矢」は、人気回復のための掛け声にすぎず、実現は不可能といわれている。もしかすると、安倍首相は加藤氏の"目先のごまかし術"を買ってこの1億総活躍社会担当相というポストを与えたのだろうか。
(野尻民夫)