「ヴィタメール」の「ノエル・ルージュ」

写真拡大

大丸東京店(東京都千代田区)では2015年10月10日から、2015年のクリスマスケーキの予約をスタートします。

パティシエ、ショコラティエブームで本格的チョコレート専門店人気が定着する中、大丸東京店は「クリスマスもチョコレートを使ったケーキがトレンドになる」と予想。加えて、「ふわっ」「とろっ」食感のスイーツに注目が集まっていることから、その両方を取り入れたチョコレートムースを使ったケーキを多数そろえました。

店頭予約は10月15日から

目玉は、チョコの本場・ベルギーの有名店「ヴィタメール」の「ノエル・ルージュ」(4320円)。クリスマスカラーの真っ赤な艶やかケーキです。主体はフランボワーズ味のチョコレートムース。そのチョコムースの間には、ホワイトチョコクリームとフランボワーズジュレがサンドされています。

見た目が艶やかで、大人のXmasにぴったり。視覚でも食感でも楽しめる1台です。

人気のパティスリー「パティスリーキハチ」や「カカオ サンパカ」も"ふわっとろっ食感"のチョコケーキで参戦。

「パティスリーキハチ」の「フェアリースター」(3456円)は、マンゴームースとブラッドオレンジを忍ばせた鮮やかな黄色のケーキ。爽やかな柑橘系の甘さが楽しめそうですね。

「カカオ サンパカ」の「フェアリー デ アルメンドラ」(5670円)は、「くるみ割り人形」に登場するアーモンドやチョコレートの精をイメージした一品。思わず踊り出してしまいそうな、動きのあるデコレーションが特長です。

このほか、オレンジクリームとチョコのムース、生地にアーモンドクランチを加えた「モロゾフ」の「きらめく聖夜」(3240円)、濃厚かつクリーミーなビターショコラにキイチゴの香りが隠し味となった「銀のぶどう」の「ブッシュ・ド・ノエル」(3880円)もあります。

店頭予約は10月15日スタートで12月13日まで。店舗ごとに予約承り期間が異なりますのでご注意を。詳しくは公式サイトから。