ハリルホジッチ監督に名前を連呼された山口蛍【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

距離感が遠かった前半。ハーフタイムでの修正で劇的に改善

 日本代表は8日、ロシアW杯アジア二次予選でシリア代表と対戦して3-0の勝利を収めた。前半はシリアのプレスに苦しんで0-0で終えた日本代表だったが、後半に向けて改善され、3得点を奪っている。この要因として、選手たちは口を揃えて「距離感」を挙げている。この試合で、改めて「いい距離感を保つこと」の重要が再意識されたのである。

---

「ホタル、ホタル〜」

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督はオマーン・マスカットのシープ・スタジアム全体に響き渡る大声で、何度もこう叫び続けた。

 8日の2018年ロシアワールドカップアジア2次予選・シリア戦(マスカット)。前半の日本は相手の凄まじいプレスと寄せに遭い、岡崎慎司(レスター)や香川真司(ドルトムント)に思うようにボールが入らなかった。

 加えて、ボランチ・山口蛍(C大阪)のところでも球際に勝てなかったり、ボールを失ったりするミスが目立ち、たびたびカウンターを食らっていた。8月の東アジアカップ(中国)では圧倒的な接近戦の強さを見せていた25歳のダイナモがここまでバタバタする展開は、指揮官も予想外だったのだろう。

「あれは蛍だけの責任ではないんです。みんながもっと近い距離にいれば、蛍がプレスに行った後も2人で挟みに行ったりできた。前半はそういう形になっていなくて、サイドの前の選手もずっと開きっぱなしだった。監督もハーフタイムには全体的に距離感が短くなるように真っ先に修正をしたんです」と長友佑都(インテル)はピッチ上で起きていた問題点を説明していたが、この違和感はチーム全体の共通認識だったという。

 ハーフタイムの修正を経て、迎えた後半は確かに選手個々の距離が近くなり、2人3人と連携して攻める場面が増えてきた。そして後半9分に岡崎がPKを奪い、本田が先制点をゲット。

 さらに25分に香川のドリブル突破からの折り返しを岡崎が決めて2点目を挙げる。終盤には本田の裏への飛び出しからのラストパスに反応した途中出場の宇佐美貴史(G大阪)がダメ押し弾となる3点目を決め、気温35度の酷暑の中立地での一戦を首尾よく制することができた。

長友と本田も語る「いい距離感」の重要性

「後半に入る時は、圭佑と元気がうまく中に入って全体的な距離感を短くするっていうのを監督も修正していた。それで後半はすごくいい距離感の中でパス回しができて、多くのチャンスも作っていた。距離感が近いとボールを取られた後もみんながスパッとボールを奪いに行ける。やっぱり日本代表のサッカーはそういう距離感が大事なんだなと改めて学びました」と長友は後半の劇的な改善を前向きに受け止めていた。

 その感想は本田ら多くのメンバーも口にしていたが、相手からガクッと足が止まったシリアだから機能したのも確かだ。これまで2次予選で戦ってきたシンガポールやカンボジア、アフガニスタンのように自陣に引いて人数をかけて守ってくる相手だと、逆に守備の網に引っかかってカウンターを食らうこともあり得る。

 いかにして臨機応変な判断を下しつつ、戦い方を変えていくのか。2014年ブラジルワールドカップ前から指摘されていた課題を今回、日本は改めて突き付けられたと言っても過言ではない。

 本田もこのテーマに真っ向から向き合っていく必要性を吐露していた。

「後半は両サイドの原口と僕が中に絞って当てる的を増やしたことで、『蛍、僕、真司』みたいに前半なかった形で、真司が前を向いて効果的に攻められるようになった。前半は相手も元気だったので、ボールを取られる場面も増えたかもしれないですけど、どうせとられるなら幅を広くして孤立して取られるのではなくて、日本らしい攻撃を仕掛けて、コンパクトにしてすぐにプレッシャーに行ける形を取った方がよかったかなと。

 ただ、シンガポールみたいに引かれると、今度は『幅を取った方がよかった』ということになるんでなかなか難しい。チームとして攻撃パターンが両極端になるんじゃなくて、相手によって前半から戦い方を変えられるならもっと強いチームになれる。そういう反省点はありますね」と。

次戦はイラン戦。アジア最高レベルとの対戦へ

 ハリルホジッチ監督に前半45分間、怒鳴られ続けた山口も「圭佑君のPKが決まった時間帯から全員の距離感が近くなって、細かいパスが回せるようになったけど、後半の終わりはまたクリアが小さかったりして最後に押し込まれるシーンが続いた。そこをしっかり試合を終わらせることはこれからもやっていかなければいけない」と戦い方にバリエーションを持たせることの重要性をしみじみと語っていた。

 このゲームは結果的に3-0で勝つことができ、日本は2次予選E組を3勝1分の勝ち点10でシリアをかわしてトップに立つことができた。とりあえず2次予選敗退危機からは逃れたと言えるが、彼らの目指すべきところはもっともっと上のレベル。

「最終予選になったらもっと厳しい戦いになるし、後半の最後の何本か危ないプレーもあった。点を取られると相当厳しい展開になる。最終予選のことも考えて、修正するところは修正しないといけない」と長友も警鐘を慣らした。

 13日の次戦・イラン戦(テヘラン)は、相手の出方を見ながらの戦い方の変化という重要テーマにチャレンジするいい機会。アジア最高レベルの相手を日本は内容・結果ともに凌駕できるのか。指揮官と選手たちには確固たる進化を示してほしい。

text by 元川悦子