一気にオシャレ顔に!人気読モが「ボルドーメイクのやり方」を詳しく解説♥

写真拡大 (全5枚)

秋冬になったらやっぱり気になっちゃう色、ボルドー。この色を使いこなせれば、色っぽくてオシャレな女性になれそうですよね♥

今回は日々、雑誌やサロンの撮影現場で、最新のメイクトレンドを勉強している筆者が、ボルドーのシャドウを使った旬顔メイクのやり方を、とっても詳しく解説します♥

 

使うコスメはこちら♥

今回使用するのはEMODAの『DECORATED EYES GARNET BOUQUET』

美容師さんが、撮影時に使用していたのを見て一目ぼれ! 発色がよく色持ちも良いので愛用中です。,凌味は眉下や目頭のハイライトとして使っています。その他の三色の色味の使い方を、ポイントを交えながらご紹介します。

 

ボルドーメイクのやり方♥

(1)2色のボルドーを使い分け

△鉢い2色のボルドーがあるのがポイント! まずは、△量世襪ぅ椒襯鼻爾髻下まぶた全体に塗ります。そして、付属の筆の小さなほうの先端にシャドウをとり、黒目の下から、目じりにかけて塗ります。

そこから少しずつぼかすイメージで、目頭に向かってシャドウを広げます。色味が足りないなと感じたら、少量ずつ筆につけてぼかすように塗るときれいにできます。

次に、い凌爾澆里△襯椒襯鼻次これは細いチップを使って目尻のまつ毛の際5mm程度と、上まぶたの目の際にラインのように乗せます。目尻は少しはみ出して、ぼかすように5mm強ほど細く跳ね上げるとかわいく仕上がります。

△浪擇笋な発色なので、このボルドーメイクの主役として、い麓陲譴椶辰燭なってしまいがちな、赤みメイクの締め色として使用するのがおすすめです!

 

(2)アイホールはナチュラルカラーでシンプルに

ボルドーを際立たせるために、アイホールはシンプルでナチュラルに仕上げます! 上まぶたに付属の大きなブラシを使って、のベージュを全体に薄く乗せます。単色なのでぼってりしないように、目の際に近いほうが、少しだけ濃くなるようにナチュラルなグラデーションに仕上げます。色を濃くしたいところはチップを使うときれいに仕上がりやすいです!

 

(3)目元以外のメイクは引き算する

目元のメイクが個性的で印象が強い分、チークやリップは強くしすぎないのがおすすめです。リップは、オレンジと赤の中間の色をうっすら使ったり、ピンクベージュがなじみやすいのではないでしょうか? グロスを主役にしてもかわいいと思います♥

チークは頬骨(笑ったときに一番高くなるところ)に、うっすら顔色がよく見える程度に乗せるのが良さそう。おフェロな目の下チークもかわいくてお気に入りなのですが、今回のメイクでは主張しすぎてしまいます。

上手に引き算して、全体のバランスとポイントを際立たせることが重要です!

 

いかがでしょうか? ボルドーのパレットひとつで流行顔になれること間違いなし! 秋冬に向けて皆さんもぜひGETしてください♥