スリムなフォルムに高音質設計を詰め込んだフラッグシップモデル

写真拡大

ソニーは、ウォークマン「ZX」シリーズから「NW-ZX100」を2015年10月10日に発売する。市場想定価格は6万7000円前後(税別)。

「S-Master HX」「DSEE HX」搭載、ハイレゾはもちろん既存の音源も高音質

手のひらに自然となじむスリムなフォルムで、アルミ素材の削り出しによりフレームや基板などを支えるシャーシを一体化したモノコック構造を採用。背面に銅・金メッキを施したステンレス合板を重ね合わせ、シャーシと基板の間の接触抵抗を最小化。ノイズを低減したクリアで力強い低音域再生を実現したという。

フルデジタルアンプをハイレゾ(ハイレゾリューション・オーディオ)音源に最適化した独自の「S-Master HX」を搭載。圧縮音源をハイレゾ相当(最大192kHz/24bit)にアップスケールする「DSEE HX」を備える。Bluetoothによるワイヤレス接続で従来比最大約3倍の情報量を伝送できるコーデック「LDAC」対応。

バッテリーは従来比2.8倍の約45時間(ハイレゾ音源再生時)/約70時間(MP3再生時)の長時間再生を実現した。内蔵メモリーは128GBで、microSDXCメモリーカードをサポート。対応フォーマットはMP3、WMA、ATRAC、ATRAC Advanced Lossless、リニアPCM(WAV)、AAC4、HE-AAC、FLAC、Apple Lossless、AIFF 、DSD。Bluetoothバージョン3.0で、A2DP、AVRCP、OPP各プロファイル、SBC、LDAC、apt-X各コーデックに対応。カラーはシルバー。