ディカプリオに「ジョブズ役やらないで」、ジョブズ妻が直接お願い。

写真拡大

レオナルド・ディカプリオは、アップル社の創設者である故スティーブ・ジョブズ役を“演じないよう”に、ジョブズの妻から頼み込まれていたそうだ。

ダニー・ボイル監督がメガホンを執るジョブズ伝記映画製作に長年反対している、ジョブズの妻ローレン・パウエル・ジョブズは、とにかく製作を中止させたかったために、ディカプリオと同じくその出演が囁かれていたクリスチャン・ベイルに直接連絡を取り、出演しないようにお願いしていたとザ・ハリウッド・リポーターが報じている。

そうした中、最終的にマイケル・ファスベンダーが同役を務めることが決まったわけだが、マイケルは先日「僕はもともとテクノロジーに詳しいタイプじゃないんだ。アップル社の製品をたくさん使っていたけど、ジョブズ氏自身をじっくりと見つめた事はなかったね」「とてもナーバスだったよ。これはセリフの多さはもちろん、僕にとって大きなチャレンジとなったからね」と不安な気持ちを吐露していた。

とは言え、今回出演を決めた理由はボイル監督の一言にあったといい、「僕はね『全然ジョブズ氏に似てないよ』って言ったんだ。そしたらダニーは『僕らは見た目の似ている人を探しているんじゃないんだ。僕らが探しているのはジョブズ氏の本質を掴み取ることができる人なんだよ』って言ったんだ」と語っていた。