辛いの?そうでもないの?

写真拡大

明星食品は2015年9月28日、「明星 銀座デリー監修 カシミールカレーラーメン」を発売した。

東京・銀座にあるインド・パキスタン料理店「デリー」監修で、同店の人気No.1メニュー「カシミールカレー」をカップめん化した。軽い気持ちで手を出した人からは「辛すぎる!」と驚きの声が上がる一方、「あまり辛くない...」と残念がっている人もいるようで...。

本家を知らない人が相次ぎ悶絶

黒くてサラサラとしたカレーソースの刺激的な辛さが人気を呼んでいる「カシミールカレー」をラーメンにアレンジ。チキン、ビーフの旨みをベースに、カレー粉、フライドガーリック、ローストオニオンを加えたカレースープに、スープのりの良いノンフライめんを合わせた。

スパイスにはクミン、コリアンダー、ローリエ、ナツメグなどを使用。「カシミールカレー」の特長を生かし、スパイスと辛味を効かせたロースト感のある「極辛スープ」に仕上げた。

デリーの「カシミールカレー」は、常連客の「もっと辛いカレーを」とのリクエストに答え続けた結果生まれたカレーと言われている。そのため、かなりの辛さが特長なのだが、それを知らずに「カシミールカレーラーメン」に手を出してしまった人も多いよう。

ツイッターでは、

「カシミールカレーラーメン辛すぎる!」
「カシミールカレーラーメン、これ、くそ辛いぞ、失敗した」
「カシミールカレーラーメンがおいしそうだったから買ってみたら、クッソ辛くて死んでる」

と、その辛さに悶絶する人が続出している。

一方、本家の「カシミールカレー」ファンからは、

「カシミールカレーラーメン偶然見つけて食べたけど、そんな辛くなかったな。美味しかったけど、お店の方がもう少し良い感じに辛かった印象」
「予想はしていましたが、本家に比べるとなんだか辛くないです」
「カシミールカレーラーメン、辛いけど本物ほど辛くないね。あとなんか薄い気がする」

など、一転して「辛くない」との評価が相次いでいる。

「カシミールカレー」を知らない人はかなりの辛さを、また「カシミールカレー」を食べたことがあるという人は、本家よりはかなり辛さが抑えてあるということを頭に入れて食べるのがよさそうだ。

希望小売価格は205円(税別)。