「松屋」の看板をイメージしたパッケージ

写真拡大

エースコックは、「松屋監修 牛めし風うどん」を2015年10月12日に発売する。

牛めしの雰囲気を再現したスープ

全国に1,000店舗以上を構える人気牛丼チェーン、「松屋」監修の元、看板メニューである「牛めし」の味わいをイメージしたカップうどん。「牛めし」は、1968年に登場し、現在も広く親しまれている人気の味わい。その味わいを、しっかりとしたボリュームで手軽に楽しめるタテビッグサイズで商品化する。

ツルっとした滑らかさと、弾力を持たせたうどんに、数種類の醤油と調理感のある玉ねぎ、ビーフエキスを含む別添の液体スープを加え、松屋の牛めしの雰囲気を再現したスープが絡む。ビーフをベースにカツオや煮干しの旨味、玉ねぎの甘みが利いた一杯だ。

希望小売価格は220円(税別)。