初戦引き分けから3連勝で首位浮上…長谷部「まずは取り返せた」

写真拡大

 2018 FIFAワールドカップロシア アジア2次予選が8日に行われ、日本代表はシリア代表と対戦し、3−0で勝利。同予選3連勝でグループE首位浮上を果たした。

 試合後、フル出場した長谷部誠は、「前半は特に気候ももちろんあったと思いますし、その中で確かに動きは重かったです。相手も結構圧力をかけてきたんで、自分たちも前から行きたかったですけど、なかなかそれがうまくはまらなかった」と前半の苦戦を振り返るが、「しっかり自分たちがイメージを持ってやれば、明らかにチャンスを作れる相手だと感じたんで、とにかくやり続けることが大事だなと思ってやってました」と、前向きだったことを明かした。

 さらに、「まず監督が言っていたのは勝つってことですね。最初、点差どうこうっていうのは話はしてなかったです。あとは失点をとにかくしないってこと」とヴァイッド・ハリルホジッチ監督のプランを明かすと、「今までの3試合はそんなに相手にチャンスを与えなかったですけど、今日は多少与えてしまった部分があったので、そこは詰めていかなければいけないところだと思います」と課題点にも言及。しかし、「なかなかうまくいかなかったですけど、こういう難しいゲームで3−0で勝てたっていう結果自体は非常にポジティブなものだと思います」と満足感を示している。

 そして、「初戦(シンガポール戦)で引き分けて、難しい状況にしたのは自分たちなので、まずは取り返せたかなと思う」と首位浮上を喜ぶと、「あとは折り返しなんで、残りの試合もしっかり圧倒して2次予選で勝ちたいなと思います」と今後の試合に向けて意気込みを語った。

 日本代表は、13日に行われる国際親善試合でイラン代表と対戦する。同試合は、イランの首都テヘランにあるアザディ・スタジアムで開催される。