写真提供:マイナビニュース

写真拡大

幻冬舎は8日、書籍『執事だけが知っている世界の大富豪 53のお金の哲学』(1,300円/税別)を刊行した。著者は執事として総資産50億円以上のVIPたちを365日24時間世話してきた新井直之氏。

○執事の丁寧な口調で紹介

同書は2014年8月に発売された書籍『執事だけが知っている世界の大富豪 58の習慣』(幻冬舎/1,200円/税別)の第二弾であり、執事の丁寧な口調で語られる"お金"をテーマにしたビジネス書。同氏が間近で大富豪を見る中で発見した、チャンスの捉え方、富を呼ぶコツ、持っているお金を増やす方法を紹介する。

著者は日本で唯一、執事サービスを提供する日本バトラー & コンシェルジュ代表 新井直之氏。書籍では、「松竹梅で迷ったら、梅を買う」「宝くじは買わない」「投資の勝率は1割」「持ち家はない」「不景気になると喜ぶ」といった、一風変わった「大富豪の哲学」が語られる。