写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京電力とソフトバンクは7日、電力と通信・インターネットサービスの共同商品販売に関する業務提携に向けた基本合意書を締結したと発表した。

○各種サービスを全国規模で展開

同提携により、電力と携帯電話や光回線による通信・インターネットサービスなどによる共同商品を全国規模で展開する。新サービスは全国約2,600店舗(2014年度末時点)のソフトバンクショップや東京電力の家庭向け無料WEB会員サイト「暮らしのプラットフォーム(仮称)」などを通じて提供される予定。

また、「あんしん・あんぜん・おとく」をテーマに、両社が共同で新サービスの企画・開発を行うほか、2016年4月の電力小売り自由化に向けてユーザーにとって魅力的な商品サービスを提供するための協議を進めていくとのこと。