宇佐美のゴールなど3-0の快勝を収めたシリア戦。重圧を撥ね退けた選手たちのことは褒め称えたい。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全4枚)

 どうなるか先行きの読めない状況が続いただけに、しっかり勝点3を持ち帰れた選手たちを褒め称えたい。岡崎が倒されてPKを奪えていなかったら……、それにあのPKを本田が外していたら……、事態はどう転んでいたか分からなかった。ホッとしたよ。
 
 ピッチの状態が悪く、気温も高く、選手の表情からは想像以上に大きな負担がかかっていたことが感じられた。シリアはほぼマンマークの守備で対応し、ボールサイドへの寄せも早く、まず日本にサッカーをさせないというスタンスで臨んできていた。
 
 ただ、マンマークの守備は、体力が消耗してくると、背後をとろうとする動きに次第についていけなくなる、というのが難点に挙げられる。その点で体力や経験値で上回る岡崎や香川が、後半に入り、まさに相手の「裏」を突く動きからゴールに結び付けた。
 
 岡崎が奪い、本田が決めたPK。あの先制点で、この試合は決した。

【PHOTOギャラリー】シリア 0-3 日本
 
 万が一、本田が外していたら、その後のロシアへの道のりをより厳しいものにしていたに違いない。そんなプレッシャーを彼は撥ね退け、その道を切り開いた。
 
 1点リードしてからは、途中出場の宇佐美が絡んだバリエーション豊かな攻撃を、次々と披露していった。本田も彼らしいボールキープ力とタフさを活かしたプレーを取り戻した。
 
 もちろん、あれだけ気持ち良さそうに選手たちがプレーできたのは、1点リードできたあとだから。この、アジア2次予選というレベルであれば、自分たちのリズムさえ掴めれば、こうして危なげない展開に持ち込めるということだ。
 
 改めて言うが、様々な重圧がかかっていたなか、3-0というスコアで勝ち切り、しかも得失点差でも上回り、グループ1位に立った。この最初の関門と言えた大切な戦いで結果を残した、選手たちはよくやったと思う。
 
 一方で、もちろん課題はあった。
 前半の出来は決して褒められたものではなかった。長友が主導権を握るプレーを見せていた以外、良いパフォーマンスをしているな、と思わせてくれる選手はいなかった。
 
 残念ながら、期待の大きかった原口は悪すぎた。長谷部と山口の2ボランチも、一向に攻撃の変化を付けられなかった。香川、岡崎、本田も相手のテンポで“プレーさせられている”と言えて、動きの質も悪かった。
 
 リズムを変えるプレーを、誰もできていなかったのだ。
 
 我慢の展開とも言えたが、打開するアイデアが見られなかった。だから、あのままシリアがどんどん気分を良くしてプレーを続けていたら、0-0のまま終盤に突入し、嫌な空気に包まれていたかもしれなかった。
 
 ロングボールを放ち、そのこぼれ球を狙ってくるシリアの攻撃は迫力が感じられた。しかし、質は低かった。そのあたりを冷静に把握して、CBの吉田や槙野から思い切ったサイドへの揺さぶり、縦パスなどを狙っても良かっただろう。酒井豪も、もう少し落ち着いてプレーしても良かったのではないか。特に前半は一度も、自分たちから、試合のリズムを作れなかったことは問題点として挙げたい。
 
 例えば、今後は試合途中の布陣変更も視野に入れて良いのではないだろうか。
 この日でいえば、2ボランチにしておく必要はなかったかもしれない。アギーレ時代のように、長谷部の1ボランチにして4-3-3などにするなど、前線を厚くするのも得策に思えた。
 
 また、本田のキープ力を活かすのであれば、彼をトップ下に置くのも手だった。フィジカル勝負になっては分の悪い香川をサイドに置けば、ふたりのコンビネーションはより噛み合ったのではないだろうか。
 
 もちろん油断大敵だが、しっかり準備さえすれば2次予選の首位通過は問題ないだろう。
 
 シリアの選手たちが国民の期待を背負って戦っていたことが伝わってきた。ただ、それ以上に、日本の選手たちも責任を持ち、厳しい環境下で結果を残したと思う。

 だから、次の親善試合のイラン戦は、様々なテストもしながら、内容でも上回って勝利してほしい。前を向ける1勝にはなったはずだ。