ハーフタイムの修正で勝利導いたハリル「日本の真のイメージを見せた」

写真拡大

 2018 FIFAワールドカップロシア アジア2次予選が8日に行われ、日本代表はシリア代表と対戦し、3−0で勝利。同予選3連勝でグループE首位浮上を果たした。

 試合後の記者会見に応じたヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、「ロジカルな勝利だったと思う。前半は満足していないが、その後修正した。後半はゲームコントロールの面、特にゴールを決めるところで良くなった」と試合を振り返ると、「我々のグループで一番難しい相手に勝つという目的を果たすことができた」と勝利を喜びつつ、「ただチームはもっと向上すると思う。この勝利のスパイラルを続けなければならない」と勝ち続けることが必要だと語った。

 前半について、「我々のパス交換が正確でなかったため、プレースピードが上がらなかったという分析をしている」と続けたハリルホジッチ監督は、「我々は簡単なパスミスをしていたが、グラウンドが柔らかく疲労もあったと思う。背後へのプレーがなかなかできず、足元でもらうシーンが多かった。そのため、相手は後ろに残った状態のまま前に向かって守備ができた」と満足していない部分を挙げた。

 そのため、ハーフタイムでは「何人かの選手に修正を加えた」とし、「岡崎(慎司)と(香川)真司、本田(圭佑)、原口(元気)には、お互いもう少し近くでプレーするように要求した。個人よりも組織のアクションが増えると考えたからだ。人が動いて、もっとボールが動くことを要求した」と修正点を明言。後半に入って、「ワンタッチを伴ったプレーをすることでかなりのチャンスが作れた」と語る同監督は、「中盤と前線に修正を加えたことで、後半には日本の真のイメージを皆さんにお見せすることができたと思う」と修正後のパフォーマンスに満足感を示した。

 また、途中交代で出場した3選手については、「宇佐美(貴史)、清武(弘嗣)、武藤(嘉紀)は良い入りをしたことを付け加えておきたい。我々が求めるスピードを、彼らはもたらしてくれた」と高く評価。

 さらにハリルホジッチ監督は、「10試合で1回取れたような感じのPKだった」と本田圭佑が決めたPKでの先制点に言及。「私はずっと、16メートル(ペナルティエリア)の中に入った時にはPKを誘うように言い続けたが、ようやくそれが実現した」と、待ち望んでいた体制初のPK弾に笑顔を見せたものの、「16メートルの中でまだまだアグレッシブさが足りない。特にデュエル(1対1)の部分でだ」と苦言を呈した。

 そして、「シリアはかなり戦うチームで、最後の最後まで諦めなかった。われわれが考えていた以上に難しいチームだった」と対戦相手に敬意を払いつつ、「あと2〜3回は、我々によいアクションがあったので、そこで(点が)取れればという希望はあった。次のイラン戦に向けてまた修正していきたい」とコメントした。

 日本代表は13日に、国際親善試合でイラン代表と対戦する。イランの首都テヘランにあるアザディ・スタジアムで開催される同試合に向けて、ハリルホジッチ監督は、「かなり強いチームだし、(ホームスタジアムには)8万人くらい入ると聞いている。もっとレベルの高い試合になるが、もっともっとわれわれはレベルを上げていかなければならない」と意気込んだ。