本田圭佑【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 3-0 シリア 2018年ロシアW杯アジア2次予選】

 日本代表は8日、オマーンでロシアW杯2次予選のシリア戦に臨み3-0で勝利した。

 「あれだけ相手がくるとは思っていなかったというのが正直なところ。シリアはけっこう強気に来ましたよね」

 シリアが引かずに勝負を挑んできたことは、本田圭佑にとって予想外のことだった。だが当然、後半になれば運動量が落ちることもわかっていた。

 後半、日本は選手間の距離を近づけることで細かいパスを繋いで相手をいなした。「コンパクトにしていることですぐにプレッシャーにいける」と、奪われた後の対応も迅速だった。

 前線の右サイドでプレーした本田だが、自身が中に入ることで攻撃を活性化させている。
「僕みたいなタイプは中に入ってやってしまったほうがチームとしてもコレクティブにプレーできる」と言うように、周囲とのコンビネーションから活路を見出した。

 先制点となるPKを沈め、代表戦3試合連続ゴールを挙げた。さらにこの日の3点目をヒールパスでアシストするなど、大黒柱として輝きを放った。

 本田だけでなくチームも成長しているが「代表で普段からもう少し練習を積めたらいいけど」と話す。「3人、4人、5人がビッグクラブにいれば、それこそ強い時代がくるし、そこを目指して行かないとダメだと思います」と、日本サッカーが世界と渡り合うために必要なことも語った。

text by 編集部