香川真司【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 3-0 シリア 2018年ロシアW杯アジア2次予選】

 日本代表は8日、オマーンでロシアW杯2次予選のシリア戦に臨み3-0で勝利した。

 香川真司は前半、思うようなプレーができずに苛立つこともあった。ボールが走らないピッチ状態が影響したのか、チームとしてパスが繋がらない場面も見られた。さらに「相手もすごく激しく来た」と振り返る。ゴールを目指してくるシリアの勢いを感じながら、香川は「後半もあるので、焦らずに粘り強くやっていこう」とチームで話していたという。

 迎えた後半、シリアの選手の足が止まり始める。香川は「中盤が空いてきたりしたので、ボールを出せる」ことを感じ取り、実際に裏へ抜けた岡崎慎司がPKを獲得し先制に成功した。

 そして、自身の見せ場は2点目のシーンだ。宇佐美貴史からパスを受けると、巧みなタッチでドリブルを仕掛ける。相手の前に入りながら持ち込むとDFの股下を抜くラストパスを通し、岡崎の得点を演出した。

 この日は周囲を活かそうとするプレーが多く見られ、得点もお膳立てした。だが本人は「ゴール前でのシュートはあんまり打ってない」点を課題に挙げた。とはいえ、この試合では香川が気の利いた動きやパス出しを見せたことで攻撃が円滑になったのも事実。味方を使いつつ、ゴールへの意識をさらに高く持ちたいところだ。

 次はイランとの国際親善試合に臨む。アジア最高レベルの相手とアウェイで戦うことになるが、「イランもいいチーム。そのチームにしっかり対応して、90分間通して自分たちの展開にできるようにやっていきたい」と、勝利への意欲を見せた。

text by 編集部