試合後の会見に臨んだハリルホジッチ監督。ハーフタイムに上手く修正できたことが勝利につながったと話した。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 ロジカルな勝利だったと思います。前半の出来には満足していませんが、その後、修正できました。後半はゲームをコントロールできたと思います。ゴールを決められて良かったです。
 
 初めてPKを獲ったわけですが、その点を含めて勝利は良いモノをもたらしてくれました。ただ、チームはもっと向上しなくてはいけません。勝利のスパイラルを続けなくてはいけません。勝ち続けなくてはいけません。

【PHOTOギャラリー】シリア 0-3 日本
 
――ハーフタイムでは、選手たちに具体的にどのような指示をしたのか?
 ボールを使ってゲームをコントローしようとしました。前半は簡単なパスミスがありました。そしてグラウンドは柔らかく、疲労もあったと思います。背後へのプレーも行なえませんでした。足もとのプレーが多かったです。そのために相手は後ろに残ったまま、前へ向かって守備ができていました。
 
 後半はいくつかの良いアクションがありました。ワンタッチをともなったプレーです。そのために多くのチャンスを作り出せました。左からの素晴らしいアクションで点を取れなかったのは残念ですが、そういった良いアクションが我々のアイデンティティになると思います。
 
 先ほども話しましたが、このチームはまだ向上する余地があります。今日は我々のグループで一番難しい相手に勝つことが目的だったので、それは叶いました。ただ少しプレッシャーを感じ、テクニックはまだ習慣化されていないように感じました。
 
――ハーフタイムの指示は具体的に誰へのものだったのか?
 
 何人かの選手に修正を加えましたが、山口、長谷部、(香川)真司の3人と、本田、原口らが広がった状態になっていたので、もっと近くでプレーしてほしいと指示しました。その結果、個人のアクションより、組織的なアクションが増えました。人が動いてボールがさらに動くというアクションが見られました。
 
――初めてPKを奪えましたが、その要因と意義は?
 
 仰るように10試合をして1回獲れたPKでした。ただ、私はずっと、(ペナルティエリア内の)16メートルに入った時はPKを誘いなさいと話していました。ようやく獲れましたが、まだまだ16メートル内でのアグレッシブさは足りません。特にデュエルする部分は不足しています。
 
 シリアはかなり戦うチームで、最後まで諦めず、考えていた以上に難しい相手でしたが、後半は我々のテクニック、経験を使って支配できました。ただ、あと2、3回は良い形があったので、それが点につながらなかったのは残念です。イラン戦へ修正したいです。
 
――前半は縦の意識がそこまで感じられなかったが、その理由は?
 
 前半の我々は相手ゴールに背を向け、広がった状態になっていました。我々のプレーは悪すぎました。パス交換も正確ではなく、スピードも上がりませんでした。
 
 ただ、中盤と前線に修正を加えた後半は、日本の真のイメージを皆さんにお見せできたと思います。さらに(途中出場の)宇佐美、清武、武藤は良い入り方をしてくれたと付け加えておきます。我々が求めたスピードを彼らは見せてくれました。宇佐美はいくつものチャンスを作ってくれました。
 
――13日に対戦するイランのイメージは?
 
 イランのことは分析していますが、かなり強いチームだと思います。スタジアムには8万人ほどの観衆が入ると言われています。(今日とは)全く別の、もっと高いレベルの試合になると思います。我々も、もっとレベルを上げなくてはいけません。