岡崎慎司【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 3-0 シリア 2018年ロシアW杯アジア2次予選】

 日本代表は8日、オマーンでロシアW杯2次予選のシリア戦に臨み3-0で勝利した。

 先制点のきっかけとなるPK奪取に加え、自身のゴールでも勝ち点3獲得に大きく貢献したFW岡崎慎司は「前半は本当にタフな試合をしていて、相手もすごくよかった」と無得点に終わった前半45分間を振り返る。

 しかし「自分たちがペースを乱されないように、危ない場面もあったんですけど0-0で抑えたところが後半につながった」と守備から入る戦い方で失点しなかったことを前向きに捉え、「後半は相手も落ちてきて自分たちのサッカーができた」と45分間での3得点に手ごたえを感じている。

 自ら決めたゴールは単独で局面を打開した香川真司からのラストパスを押し込む形だった。そのため「あれは真司の、半分くらいゴールかな」と謙遜したが、岡崎の1点がシリアにとどめを刺したのは事実だ。

 次戦はW杯予選ではないが、アジアの強豪イランとの強化試合になる。首都テヘランの10万人の観衆をゴールで黙らせることができるだろうか。岡崎の連続得点に期待がかかる。

text by 編集部