追加点の岡崎、アシストの香川に感謝「半分は真司のゴール」

写真拡大

 2018 FIFAワールドカップロシア アジア2次予選が8日に行われ、日本代表は中立国オマーンでシリア代表と対戦し、3−0で勝利した。

 グループ首位・シリアとの決戦に臨んだ日本は、前半をスコアレスで折り返す。後半は、立ち上がりから相手陣内に攻め込み、ついに待望の先制点が生まれる。55分、ペナルティエリア内右でFW岡崎慎司が相手のファウルを誘いPKを獲得。FW本田圭佑が冷静にゴール左に流し込んだ。ヴァイッド・ハリルホジッチ体制下においてPKでの得点は初。

 流れに乗った日本は70分、追加点を奪う。左サイドを突破したMF香川真司が相手選手に囲まれながらもゴール前に鋭いクロスを入れると、最後は走り込んだ岡崎が押し込んだ。

 得点場面を振り返った岡崎は「真司が単独で突破して、それを自分が決めたので、半分は真司のゴールかな」とアシストした香川に感謝の意を示した。

 終了間際には、FW原口元気に代わって途中出場したFW宇佐美貴史がネットを揺らし、3−0で勝利。日本はシリアを下してグループ首位に浮上した。「前半はタフな試合をしていて、相手も良かった。危ない場面もあったけど、抑えられたことが後半に繋がったと思う。後半は相手も落ちてきたので自分たちのサッカーができた」と手応えを口にした。

 日本は13日に行われる国際親善試合でイラン代表と対戦。試合は、イランの首都テヘランのアザディ・スタジアムで開催される。