エベレスト撮影の過酷さを語る、ジェイク・ギレンホール「常に危険」。

写真拡大

ジェイク・ギレンホールは、新作「エベレスト」の撮影で命の危険に直面したそうだ。

この新作映画で、登山家のスコット・フィッシャーを演じているジェイクだが、今回の撮影が自身の経験の中で最も過酷なものであったとABCラジオ出演の際に明かしている。

「僕らは常に自然界にいて、常に危険な状態にあったんだ。(監督のバルタザール・コルマウクルは)リスクを冒す心の準備が出来ている人を集めたわけさ。彼は『あそこに行ってみてくれ』って言うんだけど、『ロープをもらえる?』って感じだったよ」

またジェイクは先日、同作の役作りに向けてベック・ウェザーズ役を演じるジョシュ・ブローリンと共に高度訓練を行ったことを告白。実話を語ることについてとてつもなく大きな責任感を感じたと明かしていた。

「ジョシュと僕は訓練にもう少し残ってみることにしたんだ。大丈夫だと思ったし、気分も悪くなかったからね。そこまで辛くないと感じていることを笑いながら話してたら、突然気分が悪くなって部屋から飛び出したんだよ。それで僕たちは高度の脅威とそれによる脳への影響を知ったんだ」
「本当に起こったことを再現しようとするっていうことにはとてもつもない責任があるよ」