日本代表のスタメンが発表された(写真はアフガニスタン戦のもの)【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は、ロシアワールドカップ・アジア二次予選シリア戦に臨むスターティングメンバーを発表した。

 開催地は、シリア国内情勢不安により中立地オマーンのシーブ・スタジアムで行われる。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が高い期待を寄せる初招集の南野拓実はベンチスタート。この試合で出場して得点を決めれば、Jリーグ発足後最年少デビューゴールとなる。痛烈な発言で所属するミランを批判した“渦中”の本田圭佑はスタメンとなった。

 また、DF酒井高徳はハリルホジッチ監督体制2戦目のチュニジア戦以降半年ぶりの出場となる。キャプテンは長谷部誠が務める。

 先発メンバーは以下の通り。試合は日本時間22:00にキックオフ。

▽GK
西川周作(浦和レッズ)

▽DF
長友佑都(インテル)
槙野智章(浦和レッズ)
酒井高徳(ハンブルガーSV)
吉田麻也(サウサンプトン)

▽MF
香川真司(ドルトムント)
山口蛍(セレッソ大阪)
長谷部誠(フランクフルト)

▽FW
本田圭佑(ミラン)
原口元気(ヘルタ・ベルリン)
岡崎慎司(レスター・シティ)

 FIFAランク123位のシリアは現在3戦全勝のグループ首位。同55位で2勝1分の日本は、この試合で勝利すれば首位に浮上する。

text by 編集部