宇賀神を緊急招集?代表戦メンバー発表で入力ミス

写真拡大

 日本代表は8日、中立地のオマーン・マスカットでシリア代表と対戦する。現地時間午後5時(日本時間午後10時)のキックオフに先立ってスターティングメンバーが発表されたが、報道陣に配られたメンバーリストにMF宇賀神友弥(浦和)が名を連ねる“サプライズ”があった。 

 実際にはGK六反勇治(仙台)の間違いで、日本サッカー協会広報担当者は「宇賀神を緊急招集したわけではありません」と苦笑い。メンバーリストの作成はマッチコミッショナーが担当するが、ここで入力ミスが起きたという。

 両チームから提出されるメンバー表をもとに、マッチコミッショナーがパソコン上で各チームの予備登録メンバーからスタメンあるいはベンチの選手を選択していくが、六反にチェックを入れるべきところで宇賀神にチェックを入れたとみられ、宇賀神がW杯アジア2次予選の予備登録メンバーに入っているということのようだ。


●ロシアW杯アジア2次予選特集