日本代表のディナー時の写真から、選手たちの「座席表」を割り出してみた

写真拡大

まもなく2018年ワールドカップアジア2次予選のシリア戦を迎える我らが日本代表。

シリアはこれまでグループEを全勝で乗り切っており、日本にとっては最も厄介な相手であると伝えられている。運命の試合は日本時間8日(木)午後10時キックオフとなっている。

さて、そんな今回のワールドカップ予選は中立地であるオマーンの首都マスカットで行われる。

選手たちは中東遠征を強いられているわけだが、その様子を日本代表のコーチでヴァヒド・ハリルホジッチ監督の腹心でもあるジャッキー・ボヌベイ氏が自身のTwitter上で紹介してくれている。

ボヌベイ氏は選手たちが練習する様子や現地のファンと交流している写真を投稿。なかにはメディアも持っていないような画像を紹介しており、選手たちの知られざる一面を窺うことができる。

さて、そんなボヌベイ氏はこんな写真も投稿している。

こちらは、選手が宿泊するホテルでの食事時の様子だ。これこそ選手やスタッフしか立ち入りことのできない貴重なショットである。

写真には食事を取った日本代表選手がリラックスしている風景が収められているのだが、ここではちょっと違う視点から注目してみたい。それは、選手たちが座っている座席の位置関係だ。

以前、スペイン代表に招集された選手の座席の位置関係を調べてみた結果、レアル・マドリー勢とバルセロナ勢に大きく分かれていることが分かった。このように、食事の際の座席の位置関係から選手たちの関係を窺い知ることができ、「誰が誰の隣なのか」を知りたがるファンは決して少なくないはずなのだ。

今回は、ボヌベイ氏が投稿した写真を手掛かりに、日本代表選手の食事時の座席の位置関係を割り出してみることにしよう。

では始めよう。

はじめに、今回検証するのはボヌベイ氏が日本時間8日午前3時頃に投稿した写真だ。ツイートの中に「試合前夜」という言葉があることから、現地時間7日のディナー時に撮影されたものだと想定される。

ボヌベイ氏はこのディナーの写真を全部で5枚投稿している(2枚はほぼ同じもの)。見てみよう。

まずはこちらの写真をご覧いただきたい。

この画像を投稿した後にボヌベイ氏はチームスタッフがケーキを持っている写真をアップしており、おそらくそのお祝いの瞬間であったのだろう。

画面右下に映るのは柴崎岳。いつもクールな柴崎だが、右手にスマートフォンを取り、朗らかな表情を見せている。その隣は清武弘嗣だろうか。

清武の左でカメラを撮っているのは、ムードメーカーの槙野智章。やはりこういうところでも圧倒的に目立っている。

ここから先は香川真司、山口蛍、南野拓実とセレッソ大阪出身者が続く。写真もハッキリしており、おそらく間違いないだろう。

さて、その南野の左隣だが…アップにしてみてもこれが誰なのか確からしい答えは出せなかった。しかし、招集メンバーから消去法で考えるに、おそらく六反勇治ではないかと思われる。

その左隣の選手も顔が半分ほどしか見えていないが、目の感じが米倉恒貴であるように見える。

今度は向かい側の列に目を移してみよう。

柴崎の向かいにも選手はいるはずだが、カメラに全く映っていないのでこれはさすがに判別できなかった。

この列で最初に登場するのは、キャプテンである長谷部誠だ。隣に座る丹羽大輝、岡崎慎司も綺麗に映っている。

岡崎の左横に写る選手は髪の毛しか見えていないが…この髪色と髪の流し方から推測するに宇佐美貴史であるはず。

その横からは槙野のスマートフォンと被っているため、別の写真を参照することにしよう。

岡崎の隣にかなりのスペースがあるが、おそらくここにいるのが宇佐美。そして、その宇佐美をあけて見えるのが東口順昭だ。なるほど、丹羽から東口にかけては関西出身者が続いているわけだ。

東口の左横の選手は顔の側面しか見えないが、この耳たぶの形ともみあげの感じは吉田麻也であるはず!点と点が線で繋がってきた!

その横には原口元気がおり、次の写真からその左隣には西川周作がいることも分かっている。

ボヌベイ氏が投稿した写真は以上だ。

ここから、選手の座席表をイメージ化しより具体的に推測してみたい。

【詳細に確認できないため、実際とは異なっている可能性があります】

日本代表選手の座席表

ここまで明らかになった位置関係を、実際にイメージとして描いてみた。

写真は斜めから撮影されており距離感がつかみにくく、このイメージのように選手たちは必ずしも真正面で向かい合っているのかは不明である。

また、23人全員が向かい合って座ろうとすると必ず1人は余ってしまうため、ひょっとしたら別の椅子に数選手が座っているのかもしれない。「?」と書かれた位置に必ずしも選手が座っていたという保障はなく、そのことを踏まえた「?」であることをご理解いただきたい。

こうして見ると、やは同じチームで所属した選手は近い位置で座っているケースが多いことが分かる。

西川と原口は浦和時代の同僚であり、向かいには前述した“セレッソトリオ”もいる。槙野と香川は互いのTwitterに登場するなど仲が良く、代表合宿の食事でも隣に座っているようだ。

ちなみに、今回の予想で登場しなかった招集メンバーは以下の7人だ。

森重 真人(FC東京)
酒井 高徳(ハンブルガーSV)
塩谷 司(広島)
長友 佑都(インテル)
柏木 陽介(浦和)
本田 圭佑(ミラン)
武藤 嘉紀(マインツ)

森重と武藤はFC東京時代のチームメイト、長友と本田は北京五輪のチームメイトであり現在ともにイタリアでプレーしている。

柏木と槙野は広島時代からの同僚であるが…食事の際には隣ではなかったようだ。となると、西川や原口の向かい?となると、本田がどこで誰の近くに座っているのかますます気になる感じだ。

ちなみにこの写真が撮られた前日、ボヌベイ氏はこんな写真も投稿していた。


こちらは日本時間7日午前11時にアップされたものだ。6日は山口蛍の誕生日であり、どうやらこの日の夜には山口の「誕生日会」が行われていたようなのだ。

この時の写真(6日夜)をズームにして見てみると、前ページで投稿されていた際の写真(7日夜)とは選手たちの位置が微妙に違っていることが分かる。

例えば、6日の写真では長谷部と丹羽が逆に座っている。また、原口の隣には岡崎がおり、宇佐美らしき選手は長谷部の横にいる。つまり、ハリルホジッチ政権下での食事の際の位置関係は日によって若干変わるようで、上で紹介したのはあくまで7日の夜にたまたまそうだった、ということになる。

それでも選手のおおまかな位置関係は同じであり、やはり山口は南野の横におり、西川は原口の隣にいる。こうした“だいたい”の座席表はスタッフが用意しているのかそれとも毎回なんとなくこういう風になるのかちょっと気になるところではある…。