レストランでお魚とお肉を選ぶ際、あなたはどちらを選びますか?  がっつりとお肉を食べたい気持ちは分かりますが、いつまでも健康でいたいならお魚を選ぶ習慣を身につけて。魚も肉も重要なタンパク源であることに変わりはありませんが、魚に含まれる栄養素には生活習慣病を予防し「脳力」をアップするものまでいっぱい含まれています。ここではだんぜんヘルシーな魚介類の効用をまとめてみました。

魚油の代表はDHAとEPA

魚油の代表はDHAとEPAですが、どちらも血液をサラサラにして生活習慣病を予防する効果があることが知られています。DHAは主に脳や神経細胞の発育と維持にかかわっている成分。DHAをしっかりと摂れば「記憶力」や「学習能力」を高めることができます。EPAには血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし、善玉コレステロールを増やす働きがあるので、生活習慣病の予防に効果的。どちらも精神を安定させる働きがあるのも見逃せないところです。DHAとEPAはサンマやイワシ、アジなどの青魚に多く含まれています。

疲労回復に効果的なタウリンも豊富

カキやイカ、タコなどの魚介類に多く含まれるタウリンは、エナジードリンクなどにも使われ、疲労回復効果が知られています。タウリンはアミノ酸の一種で、疲労回復に効果的なだけではなく、コレステロールを減らしたり、肝臓や心臓の機能を強化する働きもある栄養素です。目の網膜を保護する働きもあるので、不足すると視力障害を起こすこともあります。魚では血合いの部分に多く含まれているので、血合いは苦手という方も頑張って食べてみてはいかがでしょうか。

アスタキサンチンの働きでアンチエイジング

鮭やオキアミ、サクラエビにはアスタキサンチンが豊富です。アスタキサンチンは高い抗酸化力で注目されている成分。酸化を防ぐ働きのあるビタミンEを超える抗酸化力があることが分かっています。お肌のシミやシワも酸化のなせるわざ。アスタキサンチンが豊富な魚を食べることでアンチエイジングしちゃいましょう。

この他にも、ビタミンAやビタミンD、カルシウム、亜鉛、セレンなど魚介類に含まれる栄養はいろいろあります。ビタミンは魚の皮や目の周辺に多く含まれています。骨の部分は捨ててしまうことが多いと思いますが、実は骨の周りこそコラーゲンがたっぷり。隅々まで食べて、魚の栄養を存分に摂ってくださいね。レストランでもお魚を選んでいる女子のほうが断然美人が多いですよ!

writer:岩田かほり