9月19日に開幕した「ラグビーワールドカップ2015」で、ラグビー日本代表は歴史を塗り替え続けている。南アフリカ代表から大金星を挙げ、さらにサモア代表にも快勝して2勝1敗とし、10月11日(日本時間12日)、予選プール最終戦のアメリカ代表戦を迎える。自力で決勝トーナメントに進出することはできないが、10日にスコットランド代表がサモア代表に敗れれば、初のベスト8が大きく見えてくる。

 そんな日本代表のなかで、「オフ・フィールド(グラウンド外)のリーダー」としてチームをまとめているのが、前主将のSO(スタンドオフ)/CTB(センター)廣瀬俊朗だ。

「試合に出たいですが、選ぶのはエディー(・ジョーンズHC)さん。たとえ試合に出られなくても、今、チームから求められていること、自分がやれることをひたすらやるだけです」

 もうじき34歳となる廣瀬は、こう答えた。

 廣瀬はワールドカップに出場する31名に選出され、イングランド行きの切符を手に入れた。だが、サモア代表戦までの3試合で、試合に出場できていない4人のうちのひとりだ。それでも決してくさることなく、サモア代表戦前には相手のキーマンであるSOトゥシ・ピシ役を、そしてアメリカ代表戦を控える今もカギとなる相手役を演じ、チームのために身体を張り続けている。

「『人のためにやる』と思えば、日本はすごい力を発揮する。チームとしてそういうところが引き出せれば、最後に良い結果が出るのでは」と話していた廣瀬は、南アフリカ代表戦の前にも、「選手たちの気持ちが高まるようなことをやります!」と宣言していた。実はグラウンドの外で、廣瀬は昨年まで日本代表に選出されていた2011年大会の主将No.8(ナンバーエイト)菊谷崇と相談し、選手のモチベーションを上げるビデオを制作していたのである。

 この4年間、日本代表に選ばれながらもワールドカップに出場できなかったSH(スクラムハーフ)内田啓介、CTB山中亮平、PR(プロップ)坪井秀龍ら選手たち、トップリーグ全チーム、さらに携わったコーチ、そしてスタッフの声を集めて数分間に編集し、南アフリカ代表戦とサモア代表戦の前に見せた。

「このチームで、ワールドカップで歴史を作れたら素晴らしいですし、自分たちの後ろにはみんながいるんだと実感してほしいと思った」

 ビデオを制作した理由を、廣瀬はそう語る。

 南アフリカ代表戦から中3日で行なわれたスコットランド代表戦の前にも、FL(フランカー)リーチ マイケル主将に頼まれ、「すごい環境が変わったことをしっかりと受け止め、次の準備をしよう」とミーティングで話をした。BK(バックス)の選手としてはチームのなかで2番目のベテランである廣瀬は、リーチ主将やFB(フルバック)五郎丸歩副将からの信頼も厚く、精神的な支柱となっている。25歳の若手PR稲垣啓太も、「グラウンドの内外で一番、何かを言われると響いてくる。俊さん(廣瀬)がチームをうまく駆け回っています」と、その存在の大きさを認めている。

 日本代表を率いるエディー・ジョーンズHCは2012年のチーム発足時、「人間性とキャプテンシー」を高く評価して、まだ代表キャップ1だった当時30歳の廣瀬を初代主将に任命した。

 廣瀬も指揮官の期待に応え、100パーセントの力で「ハードワーク」を実践し、練習場や試合会場のロッカールームをきれいにするなど、フィールド外でもリーダーシップを発揮。日本代表のチーム力の底上げに尽力した。また、選手としても2012年〜2013年の2年間、WTB(ウィング)として28試合中21試合に出場し、ウェールズ代表を撃破する立役者のひとりにもなった。

 しかし2014年の春、ジョーンズHCはFLリーチ マイケルを新たな主将に任命した。世界的名将は「廣瀬は2年間すばらしいキャプテンを務め、本当に強いチームを作ってくれた」と賛辞を送ったが、WTBとしてポジションを保証できないとして、廣瀬にSOへのコンバートを示唆した。

「もちろん、ショックでした。2年間、『日本代表のキャプテン』という名誉ある立場のために、すべての時間を費やしてきたつもりだったので、(心に)ポッカリと穴が空いた気分でした。(エディー・ジャパンの)3年目はケガもしたし、精神的にいろいろありましたね」と、当時のことを振り返る。

 だが、廣瀬は決して悲観することはなかった。「チャレンジするだけでした。日本代表でまたプレーできること、SOとして新しい挑戦ができることもうれしかったです」と、すべてを前向きに考え、すぐに気持ちを切り替えた。

 今年になってからはリーダーグループからも外れ、自分のプレーに集中する時間が増えていた。それでも、「オフ・フィールドの部分で貢献してほしい」というジョーンズHCからの期待を薄々と感じ取り、「みんなが今、どういうメンタルでやっているのか、疲れているのか、プライベートなことでポジティブになれない人がいるのか......といつも見ていました」と、プレー面以外で配慮することは忘れなかった。

 廣瀬のそのような気配りのおかげで、「チームの絆が強くなっている」とPR稲垣はいう。「キャリアを持っている人(廣瀬)が細かいことを言ってくれることは、フィールドにも返ってきている。細かいことが、基本の積み重ねに出るから」。

 パスをしたら走って、サポートして、タックルして起き上がり、規律を守り、反則をしない――。南アフリカ代表戦やサモア代表戦の勝利は、廣瀬のオフ・フィールドでの取り組み、そして練習に対する意識の高さが、あのパフォーマンスにつながったはずだ。

 高校日本代表、慶応大、東芝、そして日本代表とさまざまなチームで経験を積んだ廣瀬は、常に相手に「自然体」で接し、決して無理をせず、自分の思ったこと以外は言わないようにしているという。

「試合に出られないのは悔しいですが、挫けずにがんばっていれば、次のフィールドでも何かの成長につながります。エディーさんの厳しい練習を通して、やっぱりタフになってきました。今後の人生、何があってもへこたれないのかな(苦笑)。みんなにも言っているんですが、このチームのメンバーが好きなんです。つらいと思っても、この仲間と一緒にラグビーがしたいという気持ちの部分が大きいですね」

 エディー・ジャパンの成功の裏には、この4年間のすべてを日本代表に注ぎ、心からチームを支えたいと願う、廣瀬俊朗の強い想いがある――。

斉藤健仁●取材・文 text by Saito Kenji