過去3度優勝も近年は惜敗の続くメジャー 今年は…(撮影:ALBA)

写真拡大

<日本プロゴルフシニア選手権 住友商事・サミットカップ 初日◇8日◇サミットゴルフクラブ(6,935ヤード・パー72)>
 茨城県にあるサミットゴルフクラブで開幕した、国内シニアメジャー「日本プロゴルフシニア選手権 住友商事・サミットカップ」の初日。崎山武志の独走は許さないとばかりに室田淳が4アンダースタート。賞金ランキング1位の崎山と2位の室田がそろって首位タイで滑りだした。
アンカリング規制に関する説明会で真剣な表情を見せる尾崎直道ら
 スコアも同じならノーボギーもまた同じ。崎山の一つ後ろの組でスタートした室田は1番でバーディを先行させると、前半だけで3バーディ。風が強まった後半は12番の1つに留まったものの、「風の中でノーボギーだったので良いゴルフでした」と満足気にうなずいて、崎山をピッタリとマークしたまま18ホールを回りきった。
 今大会を迎えた時点で崎山と室田の賞金差は約1,657万円。今大会は優勝賞金が1,000万円のため、仮に室田が優勝しても1位と2位がひっくり返ることはないが、秋に向けて俄然賞金王レースは熱を帯びることとなる。1つ前を回った崎山も「最後もいいところにいたし来るんじゃないですかね」と室田に熱視線。今大会も2人の主役が中心となりそうだ。
 過去2005年、09年、12年と3度の優勝を誇るも舞台をサミットGCに写した一昨年、昨年は共にプレーオフの末に敗退している。「今年もプレーオフに残れるようにがんばるよ」と意気込みははぐらかしたが、今年は3度目の正直。シニア日本一タイトルへの思いは確かに強い。
【初日の順位】
1位T:室田淳(-4)
1位T:ブーンチュ・ルアンキット(-4)
1位T:崎山武志(-4)
4位T:グレゴリー・マイヤー(-3)
4位T:白浜育男(-3)
4位T:東聡(-3)
4位T:大山健(-3)
8位T:中嶋常幸(-2)
8位T:松永一成(-2)
8位T:尾崎直道(-2)
8位T:真板潔(-2)
8位T:杉原敏一(-2)
8位T:久古千昭(-2)
<ゴルフ情報ALBA.Net>