シリア戦のカギは適応力とピッチ内の判断…勝負を分ける「6秒」の戦い方に注目

写真拡大

 3連勝でグループ首位に立つシリアとの決戦が迫ってきた。

 ここまで日本代表は2勝1分けの2位。中立地オマーンでの開催ながら日本にとっては実質的にはアウェーの地となり、シリアとしては“ホーム”で日本を叩けば、アジア2次予選でグループ首位通過の可能性が高まる。シリアは日本がこれまで対戦してきたシンガポール、カンボジア、アフガニスタンとは違って人数をかけて守備を固めるタイプのチームではないことから、勝ち点3を狙って攻撃的に出てくることが想定される。日本としては何とかシリアに勝利してグループ首位を奪還し、ロシアへの道を明るくしたいところだが、これまでロンドン・オリンピックのアジア予選で敗れ、2011年のアジアカップでは苦戦を強いられるなど苦しめられた歴史もある。まずはしっかりと勝利を収めて、最終予選進出へ前進したい。

 この試合で日本が適応すべきポイントは2点。気候を含めた環境、そしてシリアの出方にどう対処すべきかだろう。

 オマーンに乗り込んだ日本代表を待っていたのは、日中の高温との日没後の多湿な気候、そしてシーブ・スタジアムの深い芝だった。霜田正浩技術委員長は同スタジアムで行われた前日練習後、「ここは下がデコボコしていて、その上に長めの芝が乗っている。スタジアムは風が通らないので、選手たちは結構暑そうだった。湿度も高い」と初めて足を踏み入れた会場のピッチ状況について説明。GK西川周作(浦和レッズ)が「(日が暮れても)意外と暑さがあって、ピッチに水をまいて蒸し蒸しする感じもある。それでピッチが緩くなっているところもあるので、しっかり気をつけなければいけない」と話せば、柏木陽介(浦和)は「(ピッチは)ボールの走りはいいけど、深い芝に足を取られて疲れてくると思う。その中で選手が考えてやっていく必要がある」と実際に芝を踏みしめた感想を口にした。

 まさに高温多湿。前日練習後、ミックスゾーンでテレビのインタビューに応えるFW岡崎慎司(レスター)が大汗をかいている姿を見て、前を通りかかったヴァイッド・ハリルホジッチ監督が手に持っていたハンカチを渡そうとするほどの暑さ。日没から一気に湿度が上がる中東特有の気候にどう適応するか。そして足に絡みつくシーブ・スタジアムの長い芝への対応も必要だ。日本代表チームとしては芝を刈るように希望を出しているようだが、シリア側に受け入れられる可能性はゼロに近い。難しい環境下でこれまでのように縦に速いサッカーを狙い続ければ、スタミナ切れを起こしてしまう危険性が高いだろう。そこでポイントになるのが、シリアの出方にどう対応していくかだ。

 相手が攻撃的にならず、これまでの相手と同様に引いてきた場合は、ミドルシュートやダイレクトプレーを多用するなど前回までの教訓を生かせばいい。今回のトレーニングで重点を置いているセットプレーにも注目しておきたいところ。岡崎は「もちろんどちらの準備もしている。相手がどう来ても、自分たちは対応できると思う」と状況に応じた戦い方のシミュレーションができていることを明かしている。

 重要なのは相手が攻撃的に出てきた場合だ。1日のメンバー発表会見でハリルホジッチ監督が「彼らにはそれほど多くのチャンスは必要ない」と話したように、シリアには決定力の高い選手を擁している。長友佑都(インテル)は「3、4人ほどすごくいい選手がいる。スピードやボールテクニックのある危険な選手が多い」と相手を分析した。

 では、シリアが積極的に向かってきた場合、日本はどう戦うべきなのか。

 日本としては消耗戦となる可能性が高い中で、ゴールを狙いながら相手のカウンターをケアする必要がある。守備面のリスクマネジメントが今まで以上に求められることは言うまでもない。槙野智章(浦和)が6日の非公開練習後に「今日は守備のオーガナイズを徹底的にやっている」と明かしたが、その後のミーティングでも指揮官は最終ラインを高く保つように強く求めているという。