元ブラジル代表のロナウド氏【写真:Getty Images】

写真拡大

 ベトナムサッカー連盟(VFF)はこのほど、来年4月中旬にハノイ市ミーディン国立競技場で、三浦俊也監督率いるベトナム代表とブラジルオースルターの親善試合を計画していることを明らかにした。

 この親善試合は、チャリティーとブラジルサッカーのPRを目的としたもの。ブラジルオールスターには、ロナウド、ロマーリオ、ロナウジーニョ、リバウド、カフー、ベベット、デニウソン、アドリアーノなど往年のスーパースターが参加する見込み。監督は、日本でもお馴染みのドゥンガが務めると見られている。

 但し、現時点で挙げられているメンバーリストはあくまで予想に過ぎず、今後、各メンバーとスケジュールを調整していく必要があり、親善試合の開催の可否についても、年末まで交渉を行うという。

 なお、ブラジル代表としては、2008年の北京オリンピックに出場したロナウジーニョ(オーバーエージ枠)を擁するブラジル代表が大会前に、ベトナム代表と親善試合を行ったことがある。因みに、この試合は、アレシャンドレ・パトのゴールなどで、ブラジル代表が2-0で勝利している

text by ベトナムフットボールダイジェスト