チェルシーと契約延長の交渉を始めているMFラミレス【写真:Getty Images】

写真拡大

 チェルシーに所属するブラジル代表MFラミレスが、クラブと契約延長の交渉を始めているようだ。7日にイギリス『イブニング・スタンダード』が報じている。

 ラミレスはチェルシーとの契約が2017年で切れる予定だ。しかし同紙によると、新たに4年契約を結び2019年まで契約を延長するとしている。また、週給は7万ポンド(約1300万円)以上となる見通しのようだ。

 2010年にチェルシーに加入したラミレスは、これまでに公式戦238試合に出場して33得点を記録している。昨季からはセルビア代表MFネマニャ・マティッチとスペイン代表MFセスク・ファブレガスのボランチコンビの影に隠れてしまっているが、リーグ優勝にも大きく貢献しており、チェルシーはラミレスを高く評価しているようだ。

text by 編集部