スウォッチの「コネクティッドウォッチ」が示す、 スポーツとスウォッチが共にするDNA

写真拡大

スウォッチが新たにつくった腕時計のシリーズは、「スマートウォッチ」ではなく「コネクティッドウォッチ」。そしてそれは、ビーチバレーのために開発されたものだった。ビーチバレーとスウォッチ。異なるジャンルの2つには、同じDNAが刻み込まれていた。

「スウォッチの「コネクティッドウォッチ」が示す、 スポーツとスウォッチが共にするDNA」の写真・リンク付きの記事はこちら

スイス生まれのポップな時計の代名詞、スウォッチが新たにつくる「Swatch Touch Zero」シリーズの第1弾「Swatch Touch Zero One」は、ビーチバレーに特化した「コネクティッドウォッチ」だ。

コネクティッドウォッチがスマートウォッチとどう違うのか?という疑問はさておき、まずはもうひとつの疑問、ビーチバレー専用の時計がどういうものかを説明しよう。

Swatch Touch Zero Oneには、スイスメイドのスウォッチが誇るハイクオリティな時計機能「TIME」に加えて、運動時の歩数や消費カロリーを教えてくれる「STEP」、ボールをアタックしたときの強度や回数を計測する「HITS」、応援のときの拍手の回数や強さを計測できる「CLAP」、そして目標達成のためのコーチング機能「COACH」の5つの機能が搭載されている。選手も観客も、ビーチバレーにかかわるすべての人の体験を、よりわくわくしたものにしてくれる時計である。

さらに専用アプリと連動させることで、測定したデータをスマートフォンで見たり、友だちと情報をシェアしたりすることが可能。防水機能もついており、バッテリーは約8カ月間交換不要で毎日充電する必要はない。6種類のデザインはスウォッチらしいポップな仕上がりで、バンドも定番のプラスチック製のものや、今回のシリーズのために開発された脱着のしやすいファブリックとシリコンを組み合わせたものが揃っている。

では、なぜ、スウォッチはビーチバレー専用の時計をつくったのだろう?

「スウォッチはその歴史が始まったときからすべてのスポーツの大ファンであり、サポーターでもありました」と、スウォッチのクリエイティヴディレクター、カルロ・ジョルダネッティは語る。

「とくにビーチバレーとは特別な関係がありました。ビーチバレーは、エキサイティングで、若いエネルギーに溢れ、世界中で愛されているスポーツです。Swatch Proteam(スウォッチがもつスポーツチーム)に男女それぞれのビーチバレー選手がいることをわたしたちは誇りに思っていますし、ビーチバレーのトーナメントや選手のサポートを20年以上も行っています。このSwatch Touch Zeroシリーズの最初のモデルがビーチバレーのためにつくられたのは、ごく自然な選択だったのです」

スポーツとスウォッチ。異なるジャンルの2つは、いったいどんな関係で結ばれているのか。Swatch Touch Zeroシリーズに込められたヴィジョンをひも解くことで、スウォッチとスポーツに共通するDNAが見えてきた。

カルロ・ジョルダネッティ|CARLO GIORDANETTI
スウォッチ・グループ クリエイティヴディレクター。スウォッチのプロダクトや店舗のブランドアイデンティティについて責任をもつ。1998〜2001年までの13年間、スウォッチコミュニケーションラボのデザインディレクターを務めたのち、パリを拠点とするブランディングエージェンシーBrand DNAや筆記具や腕時計で知られるモンブランのクリエイティヴディレクターを経て、2012年、再びスウォッチに戻り現職。

スウォッチとスポーツの蜜月

ジョルダネッティが言うように、スウォッチとスポーツの蜜月はこれまでもずっと続いてきたものだ。

例えばスウォッチは、これまでにもスポーツやアウトドアを愛する人々のための「SPORT MIXER」やサーファーのための「SURFING THE WAVE」といったコレクションをつくり続けており、2014年にはブラジルのサッカーに対する情熱に敬意を示した時計「ENTUSIASMO」を発表。今年6月には、Swatch Proteamのメンバーであり登山家のサミュエル・アンタ―マッテンとのコラボレーションウォッチも発売している。

「スポーツ以上に人々を興奮させてくれるものはありません。生きる喜びにポジティヴなエネルギー。すべてのスポーツに共通するそれらのものは、ポップでカラフルな時計をつくり続けてきたスウォッチのDNAでもあるのです」

スウォッチのスポーツに対する情熱は、Swatch Touch Zero Oneの機能にも表れている。例えばボールのヒットを測定できる「HITS」や拍手を測定できる「CLAP」といった機能は、日々身につける腕時計に求められる必須機能ではない。それでもこれらの機能を遊び心あるかたちで取り入れているのは(よい結果を出すと画面にはご褒美のアイスクリームが表示される)、人々にスポーツを楽しんでほしいからだ。

「これらの機能は、ビーチバレーをこれまでよりももっと楽しくするためのものです」とジョルダネッティは言う。「プレイヤーとして参加しても、観客として参加してもね」

もちろん彼らのスポーツに対する情熱は、ビーチバレーだけに留まらない。そして時計によって“楽しさ”を取り入れる対象は、スポーツに留まらない。「この時計は『Swatch Touch Zero One』と呼ばれていますが、『Zero Five』や『Zero Nine』まで生まれる可能性は十分にあります」と、スウォッチ・グループのCEOニック・ハイエックはスイスの『Tages-Anzeiger』紙に語っている

果たしてこれからのシリーズでは、どんなユニークな時計が生まれてくるのだろう? ジョルダネッティは言う。「それぞれの時計は、異なる機能を備えたものになります。Swatch Touch Zero Twoは2016年のリオデジャネイロオリンピックのためにデザインされた時計に。そしてそのあとにも、サーフィンやスノースポーツ、そしてクッキングのための時計をつくっていくつもりです」

遡ること30年前、スウォッチは腕時計にアートをはじめとするカルチャーを取り入れ、同時にそれまでは高価だった腕時計を初めて大衆が手にできるものにした最初の時計メーカーだ。Swatch Touch Zeroシリーズによって彼らはいま、スポーツという名のカルチャーを、現代のテクノロジーを生かすことで腕時計に取り入れようとしているのである。

Swatch Proteamのビーチバレー選手である、クレメンズ・ドップラー(左)とアレクサンダー・ホースト(右)。

Swatch Touch Zero Oneのカラフルな6つのデザイン。上左:EARTHZERO 上中:SUBZERO 上右:STRIPEZERO 下左:CUBEZERO 下中:SUNZERO 下右:SKYZERO

スウォッチ・イズ・スウォッチ

いま、アップルをはじめ、ソニーやサムスンなどの「非時計メーカー」がスマートウォッチを市場に送り出している。対してスウォッチは、いかにしてそれらと差別化を図っていくつもりなのか。ジョルダネッティに訊くと、時計メーカーであるスウォッチと家電メーカーがつくるようなスマートウォッチはそもそも比べるべきではない、との答えが返ってきた。

「何よりもスウォッチがつくるのは時計であり、ウェアラブルコンピューターではありません。わたしたちはSwatch Touch Zero Oneをあくまで“コネクティッドウォッチ”としてとらえており、これはスマートウォッチではないのです」

たしかにSwatch Touch Zero Oneはアプリを使ってスマートフォンでアクティヴィティの記録を見ることができる(=コネクティッドする)が、他のスマートウォッチのようにメールの通知やスケジュールをリマインドしてくれるような機能をもってはいない。スマートフォンとコネクティッドするのは、あくまでもスポーツによる体験を「より楽しく、いきいきとしたフレンドリーなもの」にするためだという。

「スウォッチは時計をファッションやライフスタイルととらえ、“カルト”にした最初の時計メーカーです。それは30年も昔のことですが、その精神はいまでもスウォッチのなかに強く残っています。わたしたちは常に腕時計に最新のテクノロジーを取り入れてきただけでなく、同時にそこにデザインとライフスタイルをリンクさせてきたのです。

スウォッチの未来を想像してみても、わたしたちはこのアイデンティティを守り続けていくことでしょう。言い換えればそれは、エモーション(感情)とともに動く時計をつくることです。必ずしもコンピューターを必要とする時計ではないのです」

どんなにテクノロジーが進化して時計のあり様が変わっていったとしても、スウォッチはスウォッチだ。エモーション、ポップなデザイン、アートとスポーツ、そして楽しさ。彼らのつくる時計のなかにはこれまでもこれからも、遊び心溢れるDNAが刻み込まれているのである。

SWATCH TOUCH ZERO ONESWATCH

TAG

DesignSmartwatchSportsSwatchWatchWIRED Promotion