バイエルンやブラジル代表で活躍するMFドグラス・コスタ【写真:Getty Images】

写真拡大

 バイエルン・ミュンヘンに所属するブラジル代表MFドグラス・コスタが、同じくブラジル代表で活躍する主将のFWネイマールの代わりはいないと強調したようだ。7日にイギリス『フォー・フォー・トゥー』が報じている。

 バイエルンでは左ウイングのポジションで活躍し、4日に行われたドルトムント戦では早い仕掛けからクロスを上げるなどしてチャンスを演出していた。今夏にバイエルンに加入したにも関わらず、すでにチームにフィットしている。

 ネイマールはコパ・アメリカでの出場停止処分が南米予選に持ち越されることになっており、8日のチリ戦と13日のベネズエラ戦に出場できないことが決定した。そのため、ネイマールの代役としてコスタの活躍に期待がかかっているが、コスタ本人は代役として務まらないと感じているようだ。

「僕はニュー・ネイマールではないし、彼の代わりを務める必要はない。ネイマールの代わりは務まらないし、僕は自分のすべきことと、監督の望みを最も良い状態で行うだけだよ」

 2018年ワールドカップに向けた南米予選は8日に開幕する。コパ・アメリカで優勝したチリと、侮れないベネズエラが相手だが、ブラジルとしてはネイマールが抜けた中でも勝ち点を拾っていきたいところだろう。

text by 編集部