メディアの前で自らの意見を発言したミランの本田圭佑【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

「彼の勇気ある言動に賛同したい」

 ミランの本田圭佑は、ナポリ戦後のミックスゾーンでクラブや監督、サポーターを公の場で批判した。本田の発言には賛否両論が集まり、日本だけではなくイタリアでも大きく報道されている。しかし、イタリアの社会において自らの意見を発信していくことは重要なことであると、チェーザレ・ポレンギ氏は述べている。

---

 先日、0-4で敗れたナポリ戦後のミックスゾーンで本田圭佑がクラブを痛烈に批判したことは、イタリアでも大きな話題になっている。

 彼は試合には出場しなかったが、クラブや監督、さらにはサポーターにまで辛辣な言葉を述べた。

 私は、彼の勇気ある言動に賛同したい。彼は今まで自らの意見を公にすることは少なかったが、選手がミックスゾーンや試合後の会見で自分の意見をはっきりと話すことは、イタリアではよくあることだ。

 以前はユベントスのジャンルイジ・ブッフォンやレオナルド・ボヌッチも、今季開幕前に相次いで選手がチームを去ったことに「厳しい状況である」と発言していた。

 “批判”とまではいかなくとも、イタリアの社会では自分の意見を主張することは普通のことだ。選手から意見が出ることは大切なこと。ある程度の摩擦がなければ、本当の意味でサッカーの文化は作れない。

 前の試合から次の試合まで、サポーター同士で話題となることは限られている。2つの試合の間にこのような話題がなければ、つまらないとされてしまう。

 特に今のイタリアでは代表の人気がなく、リーグ戦が中断したこの期間はニュースが少ない。ミランの危機は大きなトピックスになっている。その中でも、本田の言葉は大きく響いている。

 現地のメディアは、普段は大人しく落ち着いている本田が、ここまで自分の意見をさらけ出したことに驚きをもって世間に伝えている。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』電子版では「ゼン(禅のお坊さん)よりサムライだ」と、トップニュースとして扱われ、300件以上のコメントが付いた。

 その中で本田の言葉に反対している人は少ない。彼は「叩かれることは理解している」と述べたが、現地のサポーターは賛成している人が多いのだ。

 しかし、今季の低調なパフォーマンスに対して、「まずは結果を出せ」「ビッグプレーヤーを獲得したらお前が試合に出られない」という意見も当然ながらあった。

「自らの意見を述べた選手への罰金はおかしいことだ」

 繰り返すが、私は彼の意見に賛成している。一般的に、民主主義のイタリアでは発言することは自由だ。彼は誰かを傷つけ、誹謗中傷しているのではない。彼が言っていることは、紛れもない真実なのだ。

 ミランはここ数年、サポーターを過小評価してきた。ファイナンシャルフェアプレー(FFP)とイタリアの不景気により、今はビッグネームを獲得することが難しい。代わりに、若い選手でチームを立て直そうというのであれば、クラブはそれをサポーターに正直に話し、理解を求めるべきだ。

 この夏は9000万ユーロ(約121億円)以上の金額を投資したにも関わらず、昨季よりも良い結果が出せていないことから、失敗であることは明らかである。

 クラブは本田に罰金を科すという報道もあるが、それはおかしいことだ。例えば、バロテッリはこの夏に加入してすぐスピード違反を犯したが、罰金はなかった。にも関わらず、自らの意見を発言した本田に罰金が科されるようなことがあれば、納得はできない。

 この一件に対するミランのリアクションを、世界中が見つめている。特に、日本とアジアでのイメージが判断されることになる。

 ピッチで結果も出ていないミランへの評価は低い。その上、自分の意見を述べた選手に対して罰金を科すようなことがあれば、さらにイメージはダウンするに違いない。

 シルヴィオ・ベルルスコーニ会長は、選手にとって父親のような存在であったはずだ。常に選手の意見を大切にし、選手を守ってきた。だから、今回も“息子”である本田の意見には耳を傾け、今後のクラブ経営に活かしていくべきだ。

 果たして、ミランが本田に罰金を科すのか、今後の出場機会を奪っていくのか。これからそれを見守っていかなければならないが、彼の発言が、かつてのような栄光を取り戻すきっかけになってくれることを、私は願っている。

text by チェーザレ・ポレンギ