くしゃみ、鼻水、鼻づまりなど、季節の変わり目になるとアレルギー症状が酷くなる人が増えています。花粉症やアレルゲンが無いのに異常なほど涙や鼻水、咳が止まらないなどの症状がある場合は寒暖差アレルギーかもしれません。

寒暖差アレルギーってどんな症状なの?

花粉症やハウスダストなどのアレルゲンが無いのに、寒くなると鼻水がたらたらと流れてくる、くしゃみや咳が止まらなくなるなどの症状が現れます。しかもなかなか治まらないので、ティッシュペーパーの箱を抱えて生活することに。身近なものでは、寒い屋外から暖かい屋内に入った瞬間に鼻水がぽたぽた落ちてくるなども寒暖差アレルギーのひとつといわれています。これは「血管運動性鼻炎」と呼ばれていて、文字通り大きな温度差により鼻の奥が刺激されて血管の太さが変わり、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどのアレルギー性鼻炎のような症状が出るもの。アレルギー性鼻炎と同様の扱いですが、アレルギーとは言うものの特にアレルゲンはありません。温度差が最大の敵なのです。

寒暖差アレルギーの原因は?

アレルゲンが無いのに寒暖差アレルギーになってしまう原因は、温度に合わせて体温や身体の機能を調節する機能、自律神経が乱れてしまうことにあります。この夏に苦労した人もいる冷房病と同じで、一般的に「自律神経が対応できる温度差は7℃まで」と言われています。それ以上の温度差になると自律神経がうまく対応できなくなり寒暖差アレルギーの症状が出てきます。成人女性が罹りやすいと言われており、それは女性のほうが男性よりも筋肉量が少なく身体が冷えやすいため、自律神経の乱れが起こりやすいことからきています。

早く症状を治すにはどうしたらいいの?

原因となる自律神経の乱れは簡単に治すのは難しいこと。鼻水鼻づまりなどのアレルギー性の症状のほかにも自律神経の乱れからくるイライラや不眠などの症状も出てくるのでかなり心身ともに辛い状態になってしまいます。手っ取り早い解消法はやはり耳鼻咽喉科で抗ヒスタミンや点鼻ステロイド剤を処方してもらうこと。そしてまたアレルギー症状を出さないためにも、血行を良くする、シャワーではなく湯船に浸かって自律神経の働きを良くする、温度差を作らない服装をする、外出時はマスクをして鼻粘膜に温度差がおきにくいようにするといった方法で乗り越えるといったセルフケアも重要です。室内外の温度差が激しい現代社会。着脱が簡単にできる羽織ものやネックウォーマー、マスクなどもフル活用して温度差を少なくする生活を心掛けるだけでも体が喜び、症状は出にくくなりますよ。


writer:しゃけごはん