中田秀夫『劇場霊』 ©2015「劇場霊」製作委員会

写真拡大

なんと、前代未聞の“お化け屋敷付き上映”なるイベントが、10月22日よりはじまる「第28回東京国際映画祭」特集企画“日本のいちばん怖い夜〜Jホラー降臨”にて開催されます!

特集上映・イベント満載「第28回東京国際映画祭」、今年の見どころを映画通が選んでみた

日本の“名作ホラー”を観ながら体験するお化け屋敷。これ以上の恐怖体験があるでしょうか?
その全貌はいかに?

“日本のいちばん怖い夜〜Jホラー降臨”オールナイトイベント/
10月28日(水) 19:30〜 新宿ピカデリー

女優霊から20年…
中田秀夫の描く恐怖に絶叫!

劇場霊(15)

上映されるのは、中田秀夫監督の最新作『劇場霊』の舞台あいさつ付きジャパンプレミア。配役をめぐり争いあう女優たちの嫉妬・憎悪・怨念といった人間の負の感情を、“劇場”という閉ざされた世界を舞台に描かれる超恐怖映画です。

当日は中田秀夫監督、清水崇監督(予定)のトークショーが開催されます。なかなか知ることのない現場の裏話が聞けるかも?

監督:中田秀夫 出演:島崎 遥香、足立梨花、高田里穂、町田啓太

夜な夜な観る日本代表の名作ホラー3本立て!」

女優霊(96)

“ジャパニーズホラーの先駆け”とも言われる日本の名作ホラーも同時上映されます! 中田監督と脚本家の高橋洋がはじめて組んだ映画で彼らの“原点”とも言えます。

製作中止になった一本の未現像フィルムに映りこむ“謎の女”の存在、次々に撮影現場で起こる奇怪な現象が描かれています。

監督:中田秀夫 出演:柳ユーレイ、白鳥靖代、石橋けい

CURE キュア(97)

黒沢清が監督と脚本を手がけ、役所広司が主演を務めたサイコサスペンスです。連続猟奇殺人の捜査をしていた刑事が記憶喪失の男の尋問をするうちに翻弄されていく姿が描かれます。
サイコ系なので、実際に現場で起こりそうなところがリアルに恐怖を感じる映画です。

監督:黒沢清 出演:役所 広司、萩原聖人、うじきつよし

呪怨 劇場版(02)

ホラーファンが愛する代表的名作が劇場にかえってきました! この世に強い怨念を残して死んでいった女性・佐伯伽耶子が呪いを伝播させるオムニバス映画。想像を絶する恐怖を、劇場の大スクリーンで体感できるチャンスです!

監督:清水崇 キャスト:奥菜 恵、伊東美咲、上原美佐

お化け屋敷のプロが手がける“超・恐怖体験”

お化け屋敷の制作を担当するのは、後楽園ゆうえんち(現東京ドームシティアトラクションズ)で初のお化け屋敷『麿赤児のパノラマ怪奇館』や名お化け屋敷『呪いの指輪の家』を手がけた五味弘文さん。

東京国際映画祭とのコラボをよろこぶ中、「どんなお化け屋敷がふさわしいのか頭を悩ませた」という五味さんは、“上映されると怪奇現象が起こる”といういわくつきの映画を設定。
「実はそこではない……」がキーワードとコメントしていますが、この謎感、開催前から恐怖を感じます! ホラーマニア、お化け屋敷マニアにはたまらない内容となっています。

「おもしろそうだけど怖い!」と躊躇している方は、“お化け”コスプレをするとポップコーン・清めの“塩”サービスを利用することをオススメします!

名作ホラーと名ホラープロデューサーによる、超恐怖体験に足を踏み入れてみませんか?

【イベント名】“日本のいちばん怖い夜〜Jホラー降臨”オールナイトイベント
【開催日時】10月28日(水) 19:30開映
【場所】新宿ピカデリー
【チケット】通し券:3996円
※チケットは10月10日(土)12:00〜ticket boardにて販売。詳細は「東京国際映画祭」公式サイトを参照。
※“お化け”コスプレで参加の場合、ポップコーン・清めの“塩”をプレゼント。

【第28回東京国際映画祭】
2015年10月22日(木)〜10月31日(土)
六本木ヒルズ(港区)、新宿バルト9、新宿ピカデリー、TOHOシネマズ新宿ほか