【MLBプレーオフ2015】
■ディビジョンシリーズ展望@ア・リーグ編

 10月8日(日本時間10月9日)、いよいよア・リーグのディビジョンシリーズが開幕します。今シーズンのア・リーグは、開幕前に予想していなかったチームばかりが地区優勝を遂げ、昨シーズンの地区優勝チームはいずれもプレーオフ進出を逃しました。ではさっそく、ディビジョンシリーズで対戦するカードの見どころを紹介しましょう。

 まずひとつ目は、ア・リーグ東地区を制したトロント・ブルージェイズと、西地区覇者のテキサス・レンジャーズの対戦です。これはまさに、「打力対決」と呼ぶにふわさしいカードでしょう。

 今シーズンのブルージェイズはメジャー最多の891得点・232本塁打をマークするなど、メジャーナンバー1の攻撃力を擁しているチームです。2番のジョシュ・ドナルドソン、3番のホセ・バティスタ、4番のエドウィン・エンカーナシオンは全員、「30本塁打・100打点」の大台をクリア。その豪快なスイングの勢いは止まることなく、8月以降(計61試合)でも3人合計で55本塁打をマークしています。

 なかでも注目は、ア・リーグのMVP候補に挙がっているドナルドソンでしょう。レギュラーシーズンではア・リーグ3位タイの41本塁打を放ち、123打点で自身初の打点王にも輝きました。プレーオフでどれだけ威力を発揮するのか、大いに注目です。

 しかしながら、ブルージェイズの強みはバッティングだけではありません。チームを地区優勝に導いたもうひとりの立役者は、エースのデビッド・プライスです。7月30日にデトロイト・タイガースからトレード期限前に加入するやいなや、移籍後は11試合の先発で9勝1敗・防御率2.30をマーク。圧倒的な存在感でブルージェイズの絶対的エースとなりました。今シーズンの2球団合計での成績は18勝5敗・防御率2.45で、自身2度目となる最優秀防御率のタイトルを獲得しています。

 そして、プライスとともに先発陣で見逃せない存在が、2番手投手のマーカス・ストローマンでしょう。開幕前に左ひざのじん帯を断裂した24歳右腕は、今シーズンは復帰絶望と言われていました。しかし、9月11日にメジャー復帰を果たすと、4試合の先発で4勝0敗・防御率1.67をマーク。9月に記録したプライスとストローマンの合計成績は、9勝0敗・防御率2.02という驚異的なものです。ブルージェイズは破壊力抜群の打線がウリですが、この先発2枚看板の存在も決して侮ってはいけません。

 一方、ブルージェイズと対戦するレンジャーズは、奇跡的な地区優勝を遂げたチームです。なにしろ、昨シーズンは西地区の最下位。しかも、ア・リーグ15チームで最低の成績。開幕当初のレンジャーズは投打が噛み合わず、最下位からのスタートでした。しかし、シーズン後半から怒涛の追い上げを見せ、9月15日に首位の座を奪取。そしてレギュラーシーズン最終日のロサンゼルス・エンゼルス戦で勝利し、劇的な地区優勝を果たしたのです。

 レンジャーズもブルージェイズと同じく、強力な打線が魅力です。今シーズンはメジャー3位の751得点を記録し、特に9月以降ではブルージェイズをしのぐメジャー1位の176得点をマークしています。シーズン終盤の勢いは、決してブルージェイズに負けていません。韓国出身の秋信守(22本塁打)、主軸を任されるエイドリアン・ベルトレ(18本塁打)、2007年・本塁打王のプリンス・フィルダー(23本塁打)......。このディビジョンシリーズは壮絶な打ち合いになるかもしれません。

 また、レンジャーズはダルビッシュ有投手に代わるエースとして、7月25日にコール・ハメルズをトレードで獲得しました。2008年のフィラデルフィア・フィリーズ時代にはポストシーズンで4勝0敗・防御率1.80という抜群の成績を残し、リーグチャンピオンシップシリーズとワールドシリーズの両シリーズでMVPを獲得。世界一奪取の立役者となっています。これほどプレーオフで頼りがいのあるエースはいないでしょう。はたしてメジャーを代表する強力打線チームの対決は、どちらに軍配が上がるのでしょうか。

 そしてもう一方のカードは、中地区を制したカンザスシティ・ロイヤルズと、ニューヨーク・ヤンキースをワイルドカードゲームで退けたヒューストン・アストロズとの対戦になりました。昨シーズンのア・リーグ覇者・ロイヤルズに対し、勢いに乗るアストロズがどこまで食らいつくことができるのかが見ものです。

 まず、ロイヤルズはア・リーグで唯一、2年続けてプレーオフ進出を果たしたチームです。昨シーズンは中地区2位でワイルドカードゲームから這い上がり、そこから破竹の8連勝でワールドシリーズに出場。しかし今シーズンは、ア・リーグ最高勝率(.586/95勝67敗)をマークし、2位のミネソタ・ツインズに12ゲーム差をつけて30年ぶりの地区優勝を成し遂げました。よって、昨シーズンと今シーズンとでは立場が違います。ア・リーグのディフェンディングチャンピオンとして、今プレーオフに挑みます。

 ただ、チームカラーは昨シーズンと変わっていません。伝統的に機動力を生かした野球は健在で、今シーズンもア・リーグ2位の104盗塁をマークしています。そんななか、変化している点といえば、チームの得点力が年々上がっていることでしょう。2013年は648得点(ア・リーグ11位)だったのが、2014年は651得点(同9位)、そして2015年は724得点(同6位)なのです。

 その要因となっているのは、勝負強くなったバッティングだと思います。今シーズンの得点圏打率.281はメジャー2位の記録で、ツーアウトからの得点圏打率.278はメジャートップの成績。つまり、今シーズンのロイヤルズのキーワードは、「勝負強さ」ではないでしょうか。

 その打線を牽引しているのは、今シーズンから加入したキューバ出身のケンドリス・モラレスです。強打のスイッチヒッターとして中軸に座ったモラレスは、チーム1位の22本塁打・106打点をマークし、見事に周囲の期待に応えました。

 もちろん、ロイヤルズがウリとする守備面も衰えておらず、昨シーズンにゴールドグラブ賞を獲得した3人(サルバドール・ペレス/捕手、エリック・ホズマー/一塁手、アレックス・ゴードン/外野手)も元気です。プレーオフで勝ち抜くための大きな要素と言われる「機動力」と「守備力」を備えるロイヤルズは、今回のディビジョンシリーズでも有利ではないでしょうか。

 一方、対抗馬のアストロズは、「勢い」と「若さ」がウリのチームです。今シーズンはメジャー2位の230本塁打、ア・リーグ1位の121盗塁をマークするなど、パワーとスピードにあふれています。

 その中心人物のひとりは、「不動の1番バッター」としてアストロズ打線を牽引するホセ・アルトゥーベです。今シーズンも38盗塁をマークし、2年連続でア・リーグの盗塁王に輝きました。また、球団史上初となる2年連続200安打も達成するなど、メジャー屈指のリードオフマンの存在は見逃せません。

 そして、もうひとり注目すべきはプエルトリコ出身の21歳、カルロス・コレアです。6月8日にメジャーデビューすると、わずか99試合で22本塁打・68打点・14盗塁と大暴れ。地元では「アレックス・ロドリゲスの再来」と呼ばれる大型ショートストップです。まさにアストロズの「勢い」と「若さ」を象徴している選手ではないでしょうか。

 ディビジョンシリーズは、先に3勝したチームがリーグチャンピオンシップシリーズに進出します。短期決戦は勢いが大事なので、初戦から激しいバトルになるのは必至でしょう。いよいよ幕を開けるディビジョンシリーズから目が離せません。

福島良一●解説 analysis by Fukushima Yoshikazu