専門誌では読めない雑学コラム
【木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第24回】

 別に狙って見ているわけではないのですが、ついつい見てしまうのが、ゴルフに関する番組です。大きく分けると、レッスンなどのゴルフ番組と、ゴルフのトーナメント中継になりますか。

 まずは、ゴルフ番組についての考察です。

 昔のゴルフ番組は、林由郎(※)先生のように、個性的な方が面白いレッスンをしてくれたので、見ていて楽しかったです。「打ったら、引いて〜」って、その意味がわからずとも、妙に感心したものでした。それに比べて、今のレッスン系の番組は、そつなくまとまっている感じですかね。
※戦後復興期のゴルフ界を支えたプロゴルファー。後進の育成にも尽力し、その門下生には、青木功やジャンボ尾崎らがいる。1970年代〜1980年代にかけては、アマチュアゴルファー向けのゴルフレッスン番組などで活躍。

 数あるゴルフ番組の中で結構見ているのが、『ゴルフ侍、見参!』(BSジャパン/日曜・朝8時)です。これは、往年のシニアプロと、クラチャン(クラブチャンピオン)クラスのトップアマが、ガチンコで9ホールを競うので、もはやドキュメンタリーですね。

 テレビ慣れしていないアマが、緊張してあり得ないミスをすると、すごく同情します。ストーリー的には、最初叩いても、しっかりまくって、最後はプロが勝つパターンが多いですね。アマが寄せワンで必死に食らいつく姿に、自分の一番上手かった頃と重ね合わせて、ふと応援してしまいます。

 一方、ゴルフトーナメントの中継ですが、昔ほど見ません。やっぱり感情移入できる選手がいないのが大きいです。

 ジャンボ尾崎選手全盛の頃は、ちょっと憎たらしいけど(笑)、図らずも応援して見入ってしまいました。そして、青木功選手、中嶋常幸選手など、他にも役者がそろっていました。

 今なら注目すべきは、松山英樹選手ですか。けれど、松山選手は海外を主戦場としているので、日本ではあまり見かけなくなってしまった。それも、日本の試合を見なくなった要因です。

 そんなわけで、松山選手が出場している海外の試合はよく見ます。ついでながら、松山選手が出ていなくても見ることが多いです。

 海外の試合、特にアメリカのPGAツアーは、試合そのものが面白いですね。なんでPGAの試合がエキサイティングなのか、以前深く考えたことがあって、今回、その謎を解き明かしたいと思います。

 アメリカの近代ゴルフコースの設計の源は、ロバート・トレント・ジョーンズ・シニアと言われています。その昔もありますが、過去50年ぐらいの話としてはそうなります。

 何が優れているのかというと、ハザードの難しさを、選手とギャラリー、視聴者が共有できる点です。つまり池越え、クリーク越えのコースがやたら多いのです。池は誰が見てもはっきりとわかるハザードで、テレビの視聴者も「あそこを越えられるのか」とハラハラドキドキして見ます。

 そうした流れを汲(く)んで、ハラハラドキドキ感を生み出すコースの最たる設計家が、ピート・ダイです。彼が設計した周囲340度が池のアイランドグリーンは、非常にサディスティックで、一世を風靡しました。

 一方、日本のコースとなると、樹木をメインとしたハザードが多いです。これは、当時池をつくる予算も技術もなかったし、そもそも丘陵にコースをつくると、池が沼になってしまって、牛ガエルが吠える(?)状況となります。水面が映える綺麗な池のコースなんて、富士山周辺の一部のコース(太平洋クラブ・御殿場コースとか)ぐらいじゃないですか。

 従来の林間コースは、フェアウェーの真ん中に御神木があり、そこを越えさせるか、避けさせるか、そういう戦略の設計が多く見られます。難易度は高いのですが、テレビ的にどうでしょう......。

 モニターに映るのはすべて木ですから、距離感を表現しづらい。芝も、樹木も緑色じゃあ、コントラスト的にも厳しいです。そうすると、その難しさを視聴者が共有するのはなかなか困難でしょうね。

 日本もバブルの頃は、池を駆使した戦略的コースをつくったのですが、その後、経営先がコロコロと変わっていくにつれ、ビジターをたくさん入れるために、改造して簡単にした経緯があります。

 結局のところ、ビジュアルに冴え、志が高い戦略的なトーナメントコースをつくっても、試合は1週間で終わってしまいます。残りの350日以上は、100叩くアベレージゴルファーに開放せにゃならない。

 トーナメントプロも、平均的なアマチュアも喜ぶコースづくりは、ほんと難しいようですね。

【プロフィール】
■木村和久(きむら・かずひさ)
1959年6月19日生まれ。宮城県出身。株式をはじめ、恋愛や遊びなど、トレンドを読み解くコラムニストとして活躍。ゴルフ歴も長く、『週刊パーゴルフ』『月刊ゴルフダイジェスト』などの専門誌で連載を持つ。

木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa