マンチェスター・シティ就任が噂されるジョゼップ・グアルディオラ監督【写真:Getty Images】

写真拡大

 バイエルン・ミュンヘンを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、来季マンチェスター・シティの監督に就任することで合意に近づいているようだ。7日にスペイン紙『アス』が報じている。

 グアルディオラ監督は今季限りでバイエルンとの契約が満了となる予定だ。それに先駆けて、イングランド代表監督やシティの監督に就任する可能性が伝えられていた。バイエルン側も契約更新に前向きだったが、その可能性が消えるかもしれない。

 同紙は、グアルディオラ監督はシティの強化担当であるチキ・ベギリスタイン氏と来季シティ監督就任に向けて“口頭”で約束したと伝えている。正式な契約を交わしたわけではないため決定事項ではないが、シティがグアルディオラ監督の招聘に向けて一歩リードした形となった。

 しかし、シティは今年8月にマヌエル・ペジェグリーニ監督と2017年までの契約延長を結んでいる。さらに、プレミアリーグ第8節が終了した時点で首位に立っており、成績不振の状況には至っていない。反対に、この時期に来季の監督が代わることが決定すれば、チームに動揺を与えてしまう可能性もありそうだ。

text by 編集部