4800万年前に妊娠したウマの胎児化石 世界最古である可能性を論文で指摘

ざっくり言うと

  • 2000年に発見された4800万年前に妊娠した雌のウマの化石
  • 有胎盤ほ乳類の子宮の化石としては、世界最古の可能性があるという
  • 現代のウマの早期近縁種で、小型犬ほどの大きさだったとみられている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング