田臥勇太、竹内譲次、比江島慎――日本の核となる3本柱が機能し、アジアの中で戦える手応えをつかんだ大会だった。

 男子バスケットボールのリオ五輪切符をかけたアジア選手権が、10月3日に終了した。近年、アジアで下位に低迷していた日本は18年ぶりのベスト4に進出。準決勝でフィリピンに敗れて、優勝国だけが手にできる五輪切符には届かなかったものの、4位までに与えられる世界最終予選の切符を獲得できた。

 2006年、自国開催の世界選手権(2014年よりワールドカップに名称変更)以降、世界の強豪と戦う機会がなかった日本にとっては、踏まなければならない舞台。その挑戦権をつかめたことは一歩前進といえる。

 今大会、日本はコーチングスタッフを含めたチーム全員が役割を果たし、1、2次ラウンドでインド、パレスチナという勝負の試合を制し、準々決勝でカタールを倒し、試合を追うごとに成長していった。たとえ敗戦を喫しても、改善しながら連戦を乗り越えていくのが国際大会。そうしたタフな戦い方を、大会を通して習得していったからこそのベスト4だった。

 チームを牽引したのは司令塔であり、最年長の田臥勇太だ。日本が得意の走る展開を出すために、「何よりもルーズボールやリバウンドを取らなければ」という泥臭い仕事を勝負となるゲームで体現してみせた。田臥の執念に続いたのが、代表でのキャリアが長いインサイドの竹内譲次だった。

「自分は今30歳で、選手として今が一番いい時期を迎えていると思うので、大会へのモチベーションがすごく高かった。今後は言葉でも、体でも、プレーでも示してくれる田臥さんのような強い人間になるように、もっと引っ張っていきたい。そういう人間が増えることで代表は強くなれると思う」との決心で臨んだ今大会は、大会2位となる平均11.9本のリバウンドをもぎ取ってチームを支えてきた。

 そして、大会を通じてもっとも成長したのは、チーム1の得点リーダー(平均15.9点)となった比江島慎である。一緒に2ガードを組んだ田臥は「アイツの攻め気の良さが出てきて面白いチームになってきていると思う」と成長ぶりを頼もしく見つめていた。

 もともと比江島は学生時代から1対1で打開できるエースであり、所属チームのアイシンでもシューティングガード(SG)を務めているが、大型化計画のもとで、2012年のアジアカップより代表ではポイントガード(PG)にコンバートされた。だが当時は「頭を使うポジションなので、嫌で嫌でしかたなかった」と胸中を明かしている。

 "司令塔"という言葉を重く受け止め、ゲーム作りに気を遣いすぎて自分らしさを失ってもいた。自身は1対1ができても、ボールを持ちすぎることで周りの動きが止まってしまう悪循環が今でも起こる。PGとしては修行中だ。

 転機は少しだけ周りが見えるようになった昨年のジョーンズカップ(台湾主催の国際親善試合)だった。「アジアのガードはボール運びを速くプッシュして、オールコートの展開を作っている」(比江島)ということに気づき、速いテンポでリズムを作ることを覚えてきた。昨年のアジア競技大会では、大会中盤から攻める形が出てきて、辻直人(東芝、今回は怪我で代表には選出されず)と2ガードを組んで、20年ぶりの銅メダル獲得の中心選手となった。

 今大会もまた、1次ラウンドではPGとしてスタメンを務めていたが、オフェンスが重たくなったことで、2次ラウンドからはPGに田臥、SGに比江島というコンビを組ませたところ、これがピタリとハマった。とくに準決勝のフィリピン戦では1対1の能力が爆発。前半22点、トータル28点を稼いだオフェンス力は衝撃的だった。

 しかし、70−81と終盤に振り切られてしまい、試合後は悔しさから涙が止まらなかった。「高校まではよく泣いていた」と本人は言うが、大学以降、比江島が人前で泣いたのは初めてのことだ。

「今回は金丸(晃輔、アイシン)さんと辻さんという点取り屋がいなくて、長谷川(健志HC)さんが自分中心のチームにしてくれたので、背負うものが違いました。準決勝では点を取ったといっても、第4クォーターは体力が続かなくて0点だったので責任を感じています」

 ミックスゾーンで泣いていたこともあり、隣でインタビューを受けていた勝者、フィリピンのボールドウィン・ヘッドコーチ(HC)が、比江島の肩を抱き「We are Champion」との言葉をかけている。その場面は印象的なシーンとして日本のテレビ中継に映し出された。

「お世辞かもしれませんが、相手のヘッドコーチに認められたことは素直にうれしいし、少しは救われた気持ちになったし、次はもっとやってやろうと思いました」

 敵将の言葉は、決して敗者への労いだけではなかった。今回の活躍で"比江島慎"の名前は間違いなくアジアに知れ渡ったのだ。

 アジアの注目選手に名乗りをあげた今、目指すのはどんな選手像なのか。

「相手が脅威に思う選手で、4クォーターの大事なところで決め切れる選手」だと本人は言う。

 長谷川HCは「ポイントガードとして使いたいが、その際はシューティングガードにポイントガードの要素を持った選手を組ませると面白いものが出てくる」と言いながらも、「でも、ポイントガードだけになってほしくはなく、型にはハメたくない選手」とも言い、さらなる進化を期待している。

 比江島は秘めた闘志を持っているが、インタビューでは自身の意志を吐き出すのが苦手なタイプ。司令塔としてやっていくならば、田臥のように意思をチームメイトに伝えられるようになり、チームメイトを牽引するプレーを表現しなくてはならない。アジアを見渡しても、比江島のようにパスもさばけ、大事な局面で1対1もできる190cmのガードはあまりいない。だからこそ、オリジナルスタイルを作り上げてほしいが、大事な試合で勝たせるガードになるには、さらなる経験が必要だ。

 悔し涙を振り払ったあと、比江島はこうも語っている。

「昨年くらいから日本代表が面白くなってきました。いま自分は25歳で全盛期に入ってきたので、これからもっとやれると思います」

 田臥や竹内ら、ベテラン陣に支えられながら生まれた新しい日本のエース。日本には点取り屋が他にいる中で、今後はどんなガードに化けていくのだろうか。はじめて本気の悔し涙を流した自覚こそが、比江島の成長を加速させていく。

小永吉陽子●取材・文 text by Konagayoshi Yoko