日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

シリア攻略のカギを握る“ビルドアップ”

 日本代表は8日、ロシア杯アジア二次予選でシリア代表と中立地オマーンで対戦する。これまでの予選3試合ではいずれも一方的な試合をしてきたハリルジャパンだが、シリアは現在グループの首位に立っており、これまでの相手よりも攻撃的に挑んでくることが予想される。難しい試合が予想される中、選手たちはシリア攻略のテーマは『ビルドアップ』にあると語っている。

--

「我々と戦う対戦相手はかなりディフェンシブにやってくることは知っている。ただ、シリアはかなり得点率の高い選手もいますし、より攻撃に力を割いてくると思っています」

 シリア戦の前日会見でハリルホジッチ監督はグループ首位の対戦相手がこれまでの3チームよりも攻撃的に来ることを想定している。最初のシンガポール戦は無得点、カンボジア戦が3得点、イランのテヘランで行われたアフガニスタン戦が6得点と、相手は違えども、チャンスを得点に結び付ける様になってはいる。

 ただ、これまでの3チームはシンガポールの立ち上がりなどを除き、試合のほとんどの時間で自陣に引いて、そこから少ない手数でFWにわずかなチャンスを託す様な攻撃だった。そして一発で裏を狙うボールのほとんどを日本のディフェンス陣が無難に対応していたため、ハーフコートマッチの様な状態になっており、日本のボールをアタッキングサードまで運んでも、10人がペナルティエリアのあたりで固めている状況だった。

 今回のメンバー発表の会見で「アフガニスタン戦やカンボジア戦から(現在の状況を)判断するのは難しい。彼らは本当の守備固めをしてきた」と語ったハリルホジッチ監督はシリアがこれまでの相手より強く、日本の守備陣にとってより難しい試合になることを認めるが、攻守の切り替わりで多少オープンになる分、攻撃スペースがより生まれることも示唆している。

 ここまでラストパスやゴール前の精度が課題としてあげられてきたが、シリア戦ではこれまでよりビルドアップの重要性がフォーカスされる試合になるはず。現体制で初選出された柏木陽介、さらに4ヶ月ぶりの代表復帰となる清武弘嗣の評価について指揮官がビルドアップの質をあげている点からも、今回の重要テーマになることが示唆されている。

ビルドアップからの攻撃を意識する柏木と清武

 初めての参加となった柏木は「代表ではより前でプレーしなければいけないかなという部分と、速攻という部分がずっと言われているから、落ち着かせるところも…と思っていたけど、そういうわけにはいかなそうな気もする」と素直に語るが、その中で「簡単にボールを奪われない様にするのと、簡単にボールを動かしながらパスアンドゴーを常に繰り返していけたら」とイメージしている。

 また2列目の全てで出場の可能性がある清武は「ゴール前で仕留められる選手が多いですし、(本田)圭佑君だったり、(香川)真司君だったり、そういう人にボールをなるべく多く触らせた方が代表はすごくリズムがあると思う」と語っており、彼が入った時にはビルドアップで周囲をうまくつなぎながら、スムーズに攻撃陣の特徴を出していくことを意識している様だ。

 ハリルホジッチ監督は就任から間もなく、日本がボールを奪って1つ目のパスがすぐ近くの味方に偏りすぎていることを問題点としてあげていた。そうしたパスの距離とスピードアップに取り組んできているが、その成果が十分に出ているとは言いがたい。実際に国内組で参戦した東アジアカップの韓国戦などではその問題が浮き彫りになった部分もあるが、二次予選では常にボールを持って押し込む時間が長いため、より前線での課題がクローズアップされてきた。

 特に前回のアフガニスタン戦はアザディ・スタジアムのピッチ状態が悪く、ボランチの長谷部誠と山口蛍がマンマークされていた事情もあり、高い位置で常時フリーとなっていたCBの吉田麻也や森重真人から大きな展開をサイドの選手が受け、そこから切り崩していくシーンが目立っていた。

 シリア戦の会場となるシーブ・スタジアムはテヘランのアザディ・スタジアムほど悪いピッチには見えないが芝が長く、またGKの西川周作が「見た目は良さそうですけど、意外とボールが跳ねなかったり、下が緩かったりする」と語る様に、グラウンダーのパスが止まりやすい部分もある。そうした状況で、日本ボールになったところから、速く正確なパスで相手のプレッシャーをうまくいなせるかが、効率的に高い位置で起点を作るためのカギになりそうだ。

シリア戦はハリルホジッチ監督が目指すスタイルの真価が問われる一戦に

「シリアがどう来るか分からないですけど、前から来たときも慌てずにつなげたり、あるいは大きく蹴るとか、意図あるボールをどんどんトライして、90分間持ってやることで充実感と言うのは違いますし、結果も違ってくると思うので、ワンプレーワンプレー狙いを持ってやっていきたい」

 そう語る西川をスタートとして、最終ライン、ボランチ、トップ下、前線とスムーズに連動しながら、効率よくボールを前に運ぶ。その中で、しっかりと攻撃イメージをしっかり共有し、足下で短いパスを受けるだけでなく、可能ならワイドなポジションの選手に展開して、相手の守備を見ながらサイドを突く、あるいは中にリターンをして中央の縦を突くといった柔軟かつ迅速なコンビネーションが重要になる。

「前線のサイドのアタッカー、スピードがある選手、ドリブルできる選手が多いですから、そういう選手をうまく生かして、自分もリズムに乗っかっていければ」と語る香川真司もビルドアップにおけるポジショニングや味方との意思疎通をしながらタイミング良く攻撃をスピードアップしてゴール前に入っていくことが、シリアの守備を崩す上で重要になることを指摘する。

 試合の流れにおいては「全部イケイケドンドンではいけないだろうなというのは思っている」と柏木が語る様に、湿気を含んだ暑さの中で、時間帯によってペースも考えながらボールをつなぐところも大事になるが、シリアの出方も見ながらしっかりワイドにボールを動かして、効率よく高い位置に起点を作ることで、より多くのチャンスが生まれてくる。

 シリア戦は絶対的に勝利が求められる試合でもあり、いざチャンスになったところでフィニッシュの質や精度が問われることは変わらないが、より実力が接近した相手に対して良い守備から入り、質の高いビルドアップで主導権を取り、チャンスを作っていけるかという部分がよりテーマになる。本当の意味でハリルホジッチ監督が目指すスタイルの真価が問われる試合だ。

text by 河治良幸