「“スーパーマリオ”は始まりでもあり、未来でもある」古川未鈴がアツく語る!【でんぱ組.inc】

写真拡大

メンバーそれぞれがコアなオタクという異色のアイドルユニット・でんぱ組.incで、ゲーマーアイドルというポジションの古川未鈴。両親が生粋のゲーマーだった彼女は、幼い頃からマリオシリーズで遊び、今ではマリオはかけがえのない存在になっているという。

【ファミコン】ふーふーはダメ? 本当は間違ってた「ファミリーコンピュータの常識」6つ

幼い頃から慣れ親しんだ“マリオ”という存在

──初めてマリオに出会ったのはいつ頃でしたか?

古川 初めては多分、永谷園のマリオがあったかと思うんですけど……。タイトルはなんだっ
たかなぁ。ゲーム画面に永谷園のロゴが出てくるんですよ……(笑)。

それをおばあちゃんの家で遊んでいたんですが、年齢はひと桁台だったと思います。タイトルは思い出せないけど、インパクトの強かった永谷園の画面をよく覚えてますね。

──そのソフト、こちらで調べておきますね。

古川 ぜひ! 気になってしかたないです! その後、物心ついてから遊んだのが『スーパー
マリオワールド』ですね。個人的にすべての原点と思っているゲームで、夢中になって遊びま
した。

でも、当時の私としては、ちょっと不気味で怖いという感覚があったので、恐る恐る遊んでたという印象がありますね。

──『スーパーマリオワールド』に関して、ほかに何か思い出はありますか?

古川 私は9年間くらいピアノを習っていたのですが、『スーパーマリオワールド』の楽曲ば
かり弾いていました(笑)。ピアノアレンジの楽譜が売られていたので、それを見て弾いていたのを覚えています。

──これまででいちばん遊んだマリオシリーズはなんですか?

古川 多分『マリオカート64』ですね。昔『スーパーマリオスタジアム』という番組が放送されていたんですが、妹と一緒にその番組に出たことがあるんです(笑)。そこで、まだ発売前の『マリオカート64』をプレイして、2位だったのを覚えています。1位を取りたかったですね(笑)。

──すごいですね。『スーパーマリオカート』で練習されていたりしたんですか?

古川 そうでもなかったと思いますが、その頃は普段からよくゲームで遊んでいたので、飲
み込みが早かったみたいです。『マリオカート64』もすぐにプレイできた記憶があります。

──『マリオカート』シリーズは皆で遊ぶというイメージが強いですが、ご家族と遊ばれたり
はしたのでしょうか?

古川 実家なので、やはり妹と一緒に遊ぶことが多かったです。妹もゲーマーだったので、
ふたりで朝から晩までプレイしていました(笑)。

──ご家族に怒られませんでしたか?

古川 家族もゲームに関しては寛大だったので、「何時間でも遊んでいいよ?」みたいな感じでした(笑)。母も父もゲーマーだったので、注意されたことはないですね。

──ちなみにご両親はどのようなゲームをプレイされていたのでしょうか?

古川 母はスクウェア(当時)のRPGですね。父はセガサターンとか、PCゲームを遊んでいました。それを見ているのがすごく好きで。

──古川さんはまさにゲーマーのサラブレッドだったわけですね(笑)。

古川 かもしれないです(笑)。当時、セガサターンを持っているのというのも、ちょっとニッチな感じですよね。

──ちなみに、初めてお小遣いで買ったマリオシリーズのソフトは覚えてますか?

古川 うちは両親もゲーマーだったので、欲しいときに買ってもらうみたいな感じだったので、お小遣いでソフトを買う、ということがなかったんですよね。アルバイトのお給料で初めて買ったものは、確か『スーパーマリオサンシャイン』だったかなぁ?

──こうしてお話をお伺いすると、かなりマリオシリーズを遊んでいるんですね。

古川 そうですね。昔、『スーパーマリオワールド』の攻略ビデオも見てました。ナレーションの人が「ここがポイントだぞ!」みたいな攻略を教えてくれるビデオがあって、それを何百回も(笑)。

──本当にマリオシリーズが好きなんですね。作品が出るたびに買ってしまう感じですか?

古川 みんなと一緒に遊べるソフトは特にそうですね。家族や友だちとゲームをするのが楽しかったので。

古川未鈴を形作った『スーパーマリオ64』

──最近遊んだマリオシリーズはなんですか?

古川 最近だと、マリオシリーズではないんですが、マリオが出ている『大乱闘スマッシュブラザーズ for WiiU』ですね。マリオシリーズだと『マリオカート7』かな? やっぱりマリオシリーズは誰かと一緒に遊ぶのが楽しいなって思うので。

『マリオパーティ』シリーズもそうですし『マリオテニス』シリーズもすごく好きでした。

──でんぱ組.incのメンバーとも遊んだりはするのでしょうか。

古川 『スマブラ(大乱闘スマッシュブラザーズ)』はみんなで遊びました。『スマブラ』はアイテムを使うことで、初心者と熟練者の差があまり出なくなるので誰でも楽しめるゲームなのがいいですね。もちろん慣れはあると思いますが。結構みんなでワイワイ遊びましたね。

『マリオカート』でも遊んだことがありましたが、誰にも負けませんでした(笑)。

──これまでに遊んだマリオシリーズで、印象的なステージはありますか?

古川 うーん……。『スーパーマリオ64』かな! スターを10枚集めると、ホールの中央に光が差すんですが、そこで上を向くとはねマリオのステージに入れるんですよ。そのステージがすごく好きです。

私、はねマリオみたいに空を飛ぶのが夢で。恥ずかしいんですけど(笑)。なかなか実現できないんですが、ライブでもワイヤーを使って空を飛びたいとずっと言っているくらいで。とにかく空を飛びたいんですが、あのはねマリオの飛び方が、私的にはベストな飛び方なんですよね。

滑空してる途中に、ひゅ〜んって上昇するみたいな。あんなふうに空を飛べたら楽しいだろうなって思います。だからなのか、はねマリオのように空を飛ぶ夢をよく見ます(笑)。

同じく『スーパーマリオ64』のなかで、水中を泳ぐステージもあるんですが、そこも印象に残っていますね。私は泳ぎ方のなかで平泳ぎがいちばん好きなのですが、マリオの泳ぐ姿に影響されているんだと思います(笑)。あと水に入って、水面から顔を出すと体力が全回復するのも好きでした。「なんで!?」と思いながらも(笑)。

──『スーパーマリオ64』に思い入れがあるんですね。

古川 あとはスターを集める前に、頑張ってピーチ城の上にいるヨッシーに会いに行こうとしたんですが、結局自力では無理でした……。『スーパーマリオ64』は本当にいろいろな思い出があって、ステージだけじゃなく、ゲーム自体もかなり印象深い作品でした。

──『スーパーマリオ64』が発売された当時は、かなり衝撃的なものがありましたね。

古川 すごかったですよね、本当に。いまだに愛されている理由がわかるなって。

あ! もうひとつ印象的なステージがありました。“テレサのホラーハウス”なんですが、もう本当に怖くて! トラウマものですよ。多分ひとりじゃクリアできなかったかもしれないです(笑)。キラーピアノが怖いんですよ。

──そうすると『ルイージマンション』なんかも怖いですか?

古川 怖いですね! 私って、結構どんなゲームでもできるというイメージがあるみたいなんですが、ビックリするものはどうしてもダメで。「絶対ここで来る!」とわかっていても驚いてしまうし、本当に怖いです。『ルイージマンション』も、もう怖くてしかたがなかったです。

マリオに関する知られざる過去と特技!?

──マリオのシリーズに出てくるキャラクターのなかで、敵を含めて、いちばん好きなキャラクターはなんですか?

古川 誰だろう……。トラウマキャラクターならすぐに思い浮かぶのですが(笑)。カメーンとかプクプクとか、追いかけてくるタイプの敵が苦手です。

──テレサも追いかけてくる系の敵ですが、どうですか?

古川 テレサは好きかも。昔、ゲーム雑誌にテレサネタで4コママンガを投稿したことがあったんですよね。

──掲載されたんですか?

古川 されてません(笑)。絵を描くのも好きだったので、可愛らしいマンガを描いた記憶があります。でも『スーパーマリオ64』のテレサは大きくて怖いです(笑)。

あ、いちばん好きなキャラクターいました! キノピオが好きです。今までに遊んだ『マリオカート』シリーズは、ずーっとキノピオを使ってました。すごく好きで、私の声真似のレパートリーにいるくらいですからね。多分、声真似したら場がシーンとするかもしれませんが…(笑)。「いつか完璧にできればな」って思ってます!

──マリオやルイージが描かれたパーカーをお持ちみたいですが、グッズなどを買ったりすることはありますか?

古川 パーカーは夢眠ねむちゃんがずっと愛用していたものをもらったんですよ。「どうしても欲しい!」ってずっと言っていたら「じゃあ、あげるよ」って。う、奪い取っちゃいました……(笑)。

買ったことがあるのはコイン型のコインケースですかね。私、よくゲームセンターに行くので、100円を入れて愛用しています。ほかにも、任天堂の商品を買うとポイントが貯められるクラブニンテンドー(2015年9月30日にサービス終了)というものがあって、そこでサントラを交換したりとかしてましたね。

マリオとともにこれからも歩む

──30周年を記念して、ステージを自由に作成できる『スーパーマリオメーカー』というソフトが発売されました。古川さんはどのようなステージを作ってみたいですか?

古川 こういうことができるのかはわからないんですが、キノピオが好きなので、キノピオ王国を作りたいです(笑)。すごく平和で、楽しくて、華やかなキノピオ王国。とにかく綺麗に、見て楽しむくらいのステージを作ってみたいですね。

──古川さんが作ったステージをファンの皆が挑戦するのも面白そうですよね。

古川 でも「ここどうしても進めないんだけど? ちゃんとデバッグした?」みたいなことが起こりそうで怖いです(笑)。でも、私のトラウマキャラを集結させたステージを作ってみるのも面白そうですね!

──では最後に、古川さんにとってマリオとは?

古川 そうだなぁ……。ちょっとカッコよく言うと、“始まりでもあり、未来でもある”ですね。私が初めて触れたゲームがマリオで、そのマリオは今も新しい情報をくれる。色褪せない感じというか、生涯現役な感じが“ザ・ゲーム”だなと思います。

さすが、マリオ先輩はすごいなって思いますね。50年後もふつうに人気であり続けるんだろうなって(笑)。これからもマリオ先輩と一緒に歩んでいきたいですね。

取材・文:山粼香弥

スーパーマリオぴあ

『スーパーマリオブラザーズ』30周年を記念したメモリアルブックが発売!

30年間に渡って、日本中はおろか、世界中のあらゆる世代のマリオファンを魅了し続けてきた、その人気の理由を歴代ソフトの紹介、マリオの30年史、キャラクター名鑑、著名人・関係者のインタビュー、そして最新作スーパーマリオメーカー紹介など、多角的に分析。

現在・過去・未来、すべてのマリオファンに捧げる一冊です!