10月のシリア戦、イラン戦の日本代表メンバーが発表され、ザッケローニ監督時代から日本の攻撃の中心に欠かせない存在としてともに出場を重ねている本田圭佑、香川真司も招集された。

 ザッケローニ体制では、「4−2−3−1」のトップ下に本田、左サイドMFに香川を置く布陣で、このふたりに左SBの長友佑都が絡むことによって日本の攻撃のストロングポイントになっていた。

 そして、W杯ブラジル大会後はアギーレ前監督により、本田が「4−3−3」の3トップの右サイドへ移り、インサイドハーフに香川が起用されたが、香川が本調子でなかったこともあって、ふたりの連動はあまり見られなかった。

 現在指揮を執るハリルホジッチ監督のふたりの起用法は、「4−2−3−1」のトップ下に香川真司、右に本田圭佑を配置している。香川が復調してきた今、この配置でも本田の個性を最大限に生かせていけるかどうかが、注目のポイントだ。

 本田が日本代表の右サイドでプレーするようになったのは、昨シーズン、所属するミランでのポジションが右サイドFWになり結果を残していたことが大きい。そのため、アギーレ前監督が日本代表で本田のキープ力を生かして前線の高い位置で起用し、攻撃の起点を作ることができていた。

本田自身も縦へ突破する意識が強くあったため、攻撃のバリエーションを生むことにつながっていた。しかし、今季の本田はミランでトップ下に起用されていることもあるためか、日本代表で縦に突破する意識が以前より少ないように見受けられる。

もちろん、W杯アジア2次予選では相手が引いて守っているため、突破を仕掛けるスペースがないということも一因にあるだろう。それでも、右サイドバックの酒井宏樹のオーバーラップを待ってサイドを崩したり、中央へクロスを上げるケースが多く、ドリブルで中央に仕掛けるシーンが以前より減っているのは気がかりだ。

 サイドアタッカーがドリブルで仕掛けなければ、DFは脅威を感じないため守りやすい。一方、人数をかけて中央を固めていても、サイドから中央のゴール前へドリブル突破をされると、その揺さぶりで守備陣は崩壊していく。

たとえば、グアルディオラ監督が指揮していた頃のバルセロナは、引いて守りを固める相手には、前線を3トップにして、両サイドの高い位置にペドロやテージョといったアタッカーを張らせて、そこから中央へドリブルを仕掛けさせた。そうしたプレーを続けることで、守備陣はサイドにスペースを与えるのが怖くなって次第に中央から分散し、ゴール前にスペースが生まれて結果的にゴールにつながった。

 そう考えていくと、日本代表では、本田をサイドに置くことのメリットは大きい反面、サイドからドリブルによる揺さぶりが少ないというデメリットもある。たしかに、今後も本田をサイドに置く手はあるが、現在の日本代表は原口元気や宇佐美貴史ら、スピードとドリブル突破を武器にする選手が台頭している状況を考えると、本田の能力は、サイドアタッカーではない他のポジションでも生きるのではないか。

 たとえば、本田を1トップに起用すればキープ力に期待ができる。だが、そこまでスピードがないため縦に速い攻撃はできない。香川を左サイドに戻してトップ下に本田を置く、または、「4−4−2」の中盤でトップ下の位置で香川と並びで起用する手もあるかもしれないが、この場合、どちらかの個性が消える可能性が高いように感じる。

 ふたりともボールを数多く触ってリズムを作っていく選手ではあるものの、香川はワン・ツーやドリブルなどで動きながら速いリズムでプレーすることで輝くのに対し、本田は足元でボールを受けることで自分らしさを発揮するタイプといえる。

 高いキープ力、フィジカルの強さ、パスの精度、ミドルレンジからのシュート力、戦術眼、経験値。本田が持っているこれらの特長を考えると、ボランチで起用してもいいのではないかと私は考えている。

 本田がボランチに入ることで、ミドルレンジからのシュートが期待でき、なにより、前線に縦パスを入れたり、逆サイドに大きく展開したりという遠藤保仁が外れてからの日本代表に足りない「ゲームを作る存在」に本田はなれると思うからだ。

 また、トップ下の香川と縦関係になるボランチに本田を置けば、今までよりもふたりの特長が発揮しやすくなるはずだ。前線のアタッカー陣はスピーディーなパス交換で相手を切り崩し、本田が縦パスやサイドチェンジなどの展開力で攻撃にアクセントをつけていく。さらに、3列目から本田がゴール前に飛び込んで行くことで日本の攻撃は今より厚みが増すはずだ。

 ただし、個の守備力だけでつとまるポジションではないのが、ボランチの難しいところでもある。本田の守備力は決して低くないが、もうひとりのボランチやCBとのコンビネーションが不可欠になる。とはいえ、試してみる価値はあるはずだ。ハリルホジッチ監督には一度、「ボランチ本田」を検討してもらいたいと思っている。

福田正博●解説 analysis by Fukuda Masahiro