3年前の2012年11月、同じ猛暑のオマーンで貴重な1点を叩き出している岡崎慎司【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

酷暑に劣悪なピッチ。外的要因とも戦う日本代表

 グループ首位のシリアと対戦する日本代表。これまでの相手とは一線を画すチームだけに、岡崎慎司の活躍は不可欠なものといえる。所属するレスターでは献身的に貢献するものの、ゴールからは遠ざかっている。最終予選進出へ“アジアキラー”と呼ばれた決定力を再び発揮できるか。

----------

 目下首位に立つシリアに敗れれば、自力での1位通過がなくなり、2018年ロシアW杯アジア最終予選進出に早くも暗雲が立ち込める日本代表。

 2014年ブラジルW杯からの悪循環を断ち切るうえでも、8日の天王山は絶対に落とせない。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督と選手たちは7日、中立地・マスカットの試合会場であるシーブ・スタジアムでの最終調整を行い、本番への臨戦態勢を整えた。

 17時のキックオフ時間は気温35度前後に達する暑さ。スタジアム内は蒸し風呂状態で、ピッチもデコボコの地面の上に深い芝生が植えてある劣悪な環境。日本や欧州と違って相当なやりづらさだろう。日本はこうした外的要因とも戦わなければならないのだ。

 国際Aマッチ通算46ゴールを奪っているエースFW岡崎慎司(レスター)も「暑さには慣れないですね。欧州は涼しいし、この暑さはなかなか難しい。気持ちでやるしかない」と苦笑いするしかなかった。

 それでも彼は3年前の2012年11月、同じ猛暑のオマーンで貴重な1点を叩き出している。それがブラジル大会最終予選のオマーン戦だった。

 1-1で迎えた終了間際、酒井高徳(HSV)の左クロスに遠藤保仁(G大阪)がニアでつぶれ、こぼれ球に飛び込むという実に岡崎らしい一撃で、W杯切符に王手をかけたのだ。アジア予選のここ一番の局面で、彼は必ずと言っていいほど結果を残してきた。今回もゲンのいい場所で、その再現を見せるしかない。

「ゴールを奪うためには、自分が主導権を握って動き出すことが大事。味方に合わせるというよりは、自分が状況状況で最善のポジションを取って、チームを引っ張っていくことだと思う。それでゴールまでの自分の動きを味方に生かしてもらえれば、あとは決めるだけ。それを明日は心がけたい」と岡崎はゴールに至る流れを具体的に思い描いている様子だった。

プレミアリーグでの鬱憤を晴らせるか

 9月のアフガニスタン戦(テヘラン)でも2点を決めていて、日本代表でペースダウンした印象はないものの、新天地・レスターではゴールから7試合も遠ざかっている。

 クラブではつねに献身的にボールを追いかけ、守備の貢献度は高いが、ゴール前のおいしいところは2トップの相棒・ヴァーディーに持っていかれている。その不完全燃焼感や物足りなさ今回のシリア戦を契機に払しょくしたいという気持ちは人一倍、強いはずだ。

「もともと自分はゴールへの意欲が強いけど、今プレミアリーグでなかなか取れない時期が続いている。代表の試合でまたゴールを取って、自分のゴールでチームを楽にできるという結果を出したいですね。

 シリア戦みたいな試合で点を決めるには、みんなが飛び出ていくことがすごい重要。カウンターだったら、スピードやここぞっていう時の迫力が大事になってくるし、みんなそれは意識できている。サイドの決定的な場面でどう決めるかは個人の問題。その回数をどれだけ増やせるかってところが重要かなと思います」

 こう話す岡崎は、相手に脅威を与えるアタックができるかどうかが、チームを勝利へと導く1点を生み出すカギだと見ている。

 そのためにも、シリアの出方を見つつ、臨機応変に戦い方を変えられる柔軟性やインテリジェンスが求められてくる。ハリルホジッチ監督は相手が攻撃的に来る場合、引いてくる場合の両方を想定。選手たちに攻めのヒントを与えたという。

W杯の舞台で「3度目の正直」に燃える

「(攻撃的・守備的)どっちの準備もしてるし、自分たちは対応できると思う。もし相手が引いて来たら、細かいところでも1タッチ2タッチで速い攻撃をすれば、相手を崩せる自信はある。逆に前から来れば、それをはがせる武器を持ってる選手はいっぱいいるんで問題ない」と彼は言う。

 勢いのあるシリアが攻めに比重を置いてきた場合は、逆に岡崎にチャンスが広がる。人数をかけて自陣を守る相手だと前線にスペースはないが、相手が前がかりになればその分、スペースが空く。彼の伝家の宝刀である「裏への飛び出し」を繰り返すことが可能になるのだ。

 今年は格下の対戦が多く、彼の得意パターンがあまり出ていない。今回「原点回帰」を図れれば、かつてアジアキラーとしてゴールを量産した自分自身を取り戻せるかもしれない。

「W杯で負けてから、もう一度W杯に行きたいという気持ちを今も持っているので、その気持ちを明日出して、しっかり勝ちたいと思います」と、彼は大一番を前に改めて気を引き締めた。

 過去2大会は悔しさばかりを味わったW杯の舞台で「3度目の正直」を見せるべく、シリア戦で「世界基準の決定力」を示すこと。それが日本の2次予選1位通過、そして世界舞台でのリベンジへの重要な一歩となるはずだ。

text by 元川悦子