4K映像を大型スクリーンで堪能

写真拡大

ソニーは、4Kホームシアタープロジェクター「ES(エクストリームリー・ハイ・スタンダード)」シリーズ2機種、「VPL-VW515」「VPL-VW315」を2015年10月9日に発売する。

上位モデルは「アドバンストアイリス3」搭載、コントラスト比が暗室環境にマッチ

いずれも、独自開発のネイティブ4K液晶ディスプレイデバイス「4K SXRD」を搭載。コントラストと応答速度にすぐれ、奥行きや臨場感のある高精細な4K(4096×2160ドット)映像を滑らかに投写する。フルHD映像を4K解像度に変換するデータベース型超解像度処理LSI(リアリティークリエーション)を備える。光源に新開発の高圧水銀ランプを採用し、大型スクリーンでの力強い映像と純度の高い色の再現を可能にした。3D映像対応。

夜空にきらめく夜景や燃え上がる炎など、これまで表現の難しかった映像を、高輝度・高コントラストで肉眼に近い視覚効果で再現する、HDMI入力からの「HDR(ハイダイナミックレンジ)」コンテンツ表示に対応。

上位モデル「VW515」は、映像の明るさに応じて光量を自動制御する「アドバンストアイリス(絞り)3」を備え、専用シアタールームなど暗室環境に適する30万対1のダイナミックコントラスト比を実現した。

インターフェイスはHDMI×2、有線LAN×1、USB×1など。価格は、「VW515」が90万円、リビングシアター向けのスタンダードモデル「VW315」が75万円(いずれも税別)。