「モノグラフワン」と「モノグラフMG」

写真拡大

トンボ鉛筆は、「MONO」ブランドでデザインを統一したシャープペンシル「モノグラフワン」とシャープ芯「モノグラフMG」を2015年10月9日に発売する。

5倍の長さの消しゴム搭載

「モノグラフワン」は持ち替えずにノックできるサイドノック式シャープペンシル。モノカラー・ブルー・ライム・ピンク・ホワイト・ブラックの6色を展開。軸には長さ50mmのホルダー消しゴムを内蔵している。消しゴムは全3種類で、モノカラー・ブルー・ライム・ピンクには、しっかり消せてバランスの良いスタンダードタイプ「モノワン消しゴム」を搭載。

ホワイトに搭載した「モノエアタッチ消しゴム」は中空マイクロカプセルと特殊配合オイルの働きによる軽い消し味が特長だ。

ブラックには「モノダストキャッチ消しゴム」を搭載。吸着性を高めるタックポリマーの働きで消しクズをまとめ、周りを汚しにくいという。

すべてシャープ芯径は0.5mmで、メーカー希望小売価格270円(税込、以下同)

「モノグラフMG」はなめらかな芯で、1本出しと数本出しができる2つの取り出し口が付いたWガイドケース。

0.5mm芯HBのケースデザインはモノカラー・ブルー・ライム・ピンク・ライトブルーの5種類。ライトブルーを除く4色のデザインは「モノグラフワン」と統一しているため、カラーを組み合わせたコーディネートが可能だ。

0.5mm(40本入)HB・B・2Bと、0.3mm(20本入、モノカラーのみ)HB・Bを展開。メーカー希望小売価格はすべて216円。