京都で初めての大規模な琳派展

写真拡大

京都国立博物館は2015年10月10日から、特別展覧会「琳派(りんぱ)誕生400年記念 琳派 京(みやこ)を彩る」を開催する。期間は11月23日まで。

「琳派」は、江戸時代に現れた装飾的な作風を特色とする、俵屋宗達、尾形光琳・乾山、酒井抱一といった芸術家の一群をゆるやかにつなぐ言葉。その源は、京都洛北の鷹峯(たかがみね)に住み、書をはじめ様々な芸術に関与した本阿弥光悦に遡る。

光悦が徳川家康から鷹峯の地を拝領して400年となることを記念し、琳派誕生の地である京都において初めて開催される本格的な琳派展。建仁寺所蔵の国宝、宗達の風神雷神図屏風、東京国立博物館所蔵の重要文化財、光琳の風神雷神図屏風、さらに酒井抱一作の風神雷神図屏風(出光美術館所蔵)を集めたほか、絵画、書、陶芸、漆芸、染織な琳派の名作もそろえる。風神雷神図屏風3作を同時に鑑賞できるのは会期中のうち10月27日〜11月8日の間。

開館時間は9時30分〜18時まで(入館は17時30分まで)。会期中の毎週金曜日は20時まで(入館は19時30分まで)。月曜日は休館。月曜日が祝日の場合は開館し、翌火曜日休館。

観覧料は、一般1500円、大学生1200円、高校生900円、中学生以下無料。前売りペアチケット(2400円、1人で2回使用も可)を10月9日まで販売中。