岡崎、エースの誓い 「自分のゴールでチームを楽に」

写真拡大

 日本代表は7日、オマーン・マスカットのシーブスタジアムで公式練習を行い、8日のW杯アジア2次予選・シリア戦に向けて最終調整した。

 試合会場でキックオフ時間と同じ午後5時から行われた前日練習。FW岡崎慎司(レスター・シティ)は「ピッチも良くないし、暑さも想像以上。ヨーロッパでやっている環境とは違う」と、劣悪なピッチコンディションと中東特有の蒸し暑さへの適応をポイントに挙げた。

「いつも中東でやるときは体験しているし、そういう経験を生かして、いいコンディションで臨みたい。代表ではそういうのは言い訳にならない。気持ちの面でしっかり自分たちのサッカーに集中したい」

 今季、プレミアリーグのレスター・シティに移籍した日本代表のエースは8月15日のウエスト・ハム戦で初ゴールを決めたが、その後は6試合連続ノーゴール。「プレミアでなかなか点が取れない時期が続いている。代表で点を取って、自分のゴールでチームを楽にできるような結果を残したい」と意気込んでいた。

(取材・文 西山紘平)


●ロシアW杯アジア2次予選特集