堀北真希

写真拡大

『ファンタスティック・フォー』のジャパンプレミアが10月6日に品川プリンスホテルで行われ、この映画で日本語吹替版の声優をつとめる女優の堀北真希が山本耕史との結婚後、初めて公の場に登場した。

[動画]この記事の動画/『ファンタスティック・フォー』ジャパンプレミア

本作は4人の若者が、異次元空間に転送されたことから信じがたい特殊能力を有するようになり、その異変に戸惑いながらも、やがて自らに課せられた使命を受け止め、ヒーローとして活躍するようになる姿を描いたアクション映画。

堀北が演じたのはメンバーの1人、スー・ストーム(インビジブル・ウーマン)というキャラクター。4人のメンバーの紅一点で、肉体が透明になったり、そのパワーを使って強大な“エネルギーシールド”を作るという能力を持つ強い女性だ。

今回が実写映画の吹き替え初挑戦となる堀北は、劇中の主人公たち同様、身の回りに大きな変化が突如訪れたらどうするかという質問に「すごく戸惑って、いろいろな人に相談するかもしれないです」と回答。もっとも欲しい特殊能力については「絵がヘタだから、絵の才能が欲しいです」と、ささやかな願いをあげていた。

この日(10月6日)は堀北の27歳の誕生日で、サプライズでバースデーケーキが登場。これに堀北は「ビックリしました。ありがとうございます」とコメントし、これからの1年については「ファンタスティックな出来事が起こるかどうかは自分次第だと思うので、何事にも一生懸命頑張っていきたい」と話した。

また、去り際にはマスコミから「どんな家庭を築きたいですか?」と声をかけられ、堀北は「明るく楽しい家庭にしたいです」と笑顔で答えていた。

『ファンタスティック・フォー』は10月9日よりTOHOシネマズ日劇ほかにて全国公開となる。

堀北真希が12歳上の山本耕史と結婚! 人柄に惹かれた
中居正広、堀北真希の真面目さを見て反省「撮影中に文句を言っちゃいけないと学んだ」
「お母さんともっと近い関係に」堀北真希が主演作舞台挨拶で母への思いを吐露
[動画]映画『ファンタスティック・フォー』予告編2